つりつり。 ホーム » 

粘って何とか……65cm(^^;)

今年はせっかくの休日に用事が入ることが多く、この辺で釣れてるという情報を得ても出撃できなかったり前日入りしての場所取りが出来なかったりだ。だから近場ポイントの開拓に勤しんでたりするのだが、やはりこの時期は佐田岬半島が最も期待できるエリアだろう。というわけで、今週は何とか出撃できるし、久々に友人と休みも合うので、一緒に佐田岬半島でショアジギングを試みることにした。

小潮で、午前6時ごろが干潮MAXという状況だが、北西風が前日から結構吹いており、海もわりと荒れている。釣り人も多いのではないかと思ってたら、狙いのポイントには誰も居ない! なので佐田岬半島根本付近の瀬戸内海側の地磯に二人して釣座を構えることができた。……が、思ったより波が高く、このポイントの干潮時の立ち位置には立てない。少し足場の高い所からのキャストとなった。

午前6時過ぎくらいから、二人ともトップウォータープラグを投げ始める。ウネリはあるが潮目は出ておらず、いまいち狙いどころがつかみにくい海だ。それでもたま~に大ウネリが海面を通り過ぎた後、海面が波に押されて滑らかになることがあるので、その瞬間を狙ってバチャバチャさせてアピールする。そんな慎ましい努力にもかかわらずちっともさっぱりの反応だったのだが、午前7時ごろ友人のポッパーに反応アリ! しかし乗らなかったらしい。そしてまた沈黙の時間帯が続き、午前8時過ぎ、ついに俺のポッパーにもヒット! しかし、ばっちり乗った感があったので喜んでファイトしていたのだが……痛恨のフックアウト!

無反応の時間が続く中ようやくヒットさせたのに……でもなんか大した引きでもなかったし、あれはきっと酸っぱいハマチさ、などと合理化しつつキャストを続ける。……またもしばらく無反応の時間が続き、午前9時過ぎ、再度ヒット!

20171209_01.jpg

今度はバラすことなく、抜き上げ成功! ヒットしたのは全長65cmほどのハマチだった。この後もしばらく投げてみたのだが、特に何も無し。10時になる前に納竿した。

今日は北西風も強くいい感じに時化ていたのだが、反応はそれほど良くなかった感じだ。まあ神出鬼没の青物なのでこういうこともあるわけだけど……。『釣れてる情報』を吟味してのポイント選択が例年以上に重要になっている気がする。さて、次はどこに行ってみようか。アジングもしたいし、ヒラスズキも狙ってみたいし。今年はどっちもほとんどできてないからなあ。

m_a2r.gif ショアジギングBible2017
関連記事

佐田岬半島の夕マズメを攻めてみた!

なんだか最近、佐田岬半島の青物を見失ってしまったっぽく、どこに行っても無反応だ。先週も大しけの佐田岬半島の朝マズメを攻めてみたのだが、これだけ時化ていれば釣れたも同然やろ~なんて考えていたら、一切反応無しの完封負けを食らったりした。目先を変えてヒラスズキ調査なんかしてみたけどパッとせず……なので、時間帯を変えて夕マズメを狙ってみることにした。場所は佐田岬半島瀬戸内海側の根本付近の地磯。中潮で、日没直前の午後5時過ぎが引き潮MAXだ。午後3時頃地磯に降下し、引き止まりまで頑張ってみることにする。

今日の佐田岬半島も北西風が吹き荒れていい感じに時化ており、いかにも青物が出そうな雰囲気ではある。ときどき大波が押し寄せてくるので、少し足場の高いポイントからキャストすることに。トップウォータープラグを次々と繰り出してみるが……無反応の時間が続く。アクションも、派手なものから地味なものまでいろいろ試してはみたのだが、どうにもならない。そういえば完封負けを食らった先週の朝も、いい感じに時化ていたのだが何をやっても反応無しだった。

……と、キャストをミスって中途半端な飛距離でキャストしてしまった。離れ小島みたいな岩に引っ掛かりそうだったので全速力で巻き上げていると、ズバッズバッと青物の反応! もしやと思って、今度はフルキャストして何もアクションを付けずにひたすら全速力でリトリーブしていると、またもドバドバとチェイスの嵐!

投げていたのはローデッドF180だが、ダイブとか一切考えず、ひたすら全速で棒引きすると好反応なようだ。しかしヒットには至らないので、数秒全速リトリーブ→1秒ストップ→数秒全速リトリーブ→1秒ストップ……というふうに食わせの間を与えてやると、そのストップした瞬間についにヒット!

しかししかし、ヒットしたのは岩が散在するすぐ横で、その岩の間に入り込まれてしまい、にっちもさっちも行かなくなってしまった。ラインがこすれて切れないように張ったり緩めたりしながらなんとか取り込もうと頑張ってみるが、ガリガリとルアーが岩に当たる感触のあと、テンションが抜けた。ルアーを岩にこすりつけるような感じで、フックアウトさせられたようだ。

それでも釣り方が分かったし、ラインにも傷はついてなさそうだったので、同じように攻め続ける。すると間髪を入れずまたもヒット! さっきと同じように岩のすぐ横でヒットしたのだが、今度は立ち位置を変えたり波を利用したりで、足元まで寄せることができた。そして抜き上げ成功!

20171123_01.jpg

釣れたのは全長65cmほどのハマチだった。日没直前で引き止まり直前の、午後5時前にヒットした。チェイスなどの反応はすべてこの時間帯に集中したので、海の荒れ具合と時間と潮周りのポジティブな要素が重なった賜物だろう。5時を過ぎて薄暗い時間帯になると、またも反応は無くなった。あっという間に辺りが暗くなってきたので、ここで納竿とした。

それにしても気になるのはヒットしたアクションだ。反応の良くなった短い時間帯にも普通のポッピングやダイブ&スイムではほとんど無反応だったが、全速力の棒引きにのみ明らかに好反応で、少し止めて食わせの間を作るといとも簡単に食いついてきた。食い気が立っていたのは間違いないだろうが、全速力というのに青物を引き付ける何かがあったのだろうか? というか、こんないいかげんなアクション(?)でも釣れるんやな(^^;) いい教訓になった釣行だった。

m_a2r.gif ショアジギングマガジンII
関連記事

台風一過の佐田岬半島に青物は……?

先週今週と、週末のたびに台風がやってきた。海を時化させるだけならまだしも大雨を伴うものだから、釣りに行く気も失せてしまう。しかし今日は午後から雨があがり、北西の風だけが吹き荒れるという良さげな状況になるとの予報なので、台風通過後の佐田岬半島に出撃してみることにした。

午後2時過ぎ、やってきたのは佐田岬半島先端付近の瀬戸内海側の地磯。長潮だが夕方4時頃が満潮MAXらしいので、夕マズメ狙いの釣行だ。折からの北西風はものすごく、海はいい感じに時化ている。俺の立ち位置だと思いっきり横風になり、こういう状況ではポッパーを使うしかないので、横風に強そうな重量級ポッパーを投入してみる。

ところが、いかにもボコボコ出てきそうな雰囲気ではあるものの、ちっとも反応がない。手持ちのポッパーを順次ローテーションさせていくが、まるで効果なしだ。そうこうしているうちに午後4時の潮止まりを迎えた。ここまでボイルとかチェイスとか、一切無し。夕方はあまり遅くまで釣りすることができないので、そろそろ納竿の時間だ。どうも今日は完封負けっぽい。……と、ちょっと横風が緩んできたようなので、今日これまで投げてなかったダイビングペンシルを投げてみようと思い立った。

ローデッドF180をキャストすると、ほとんど横風に流されることなく、ほぼ思い通りのコースを引いてくることができた。タイムアップの時間も近づいているので、10回くらい投げて切り上げようと考えていると、数投目でドバドバッと出てきた! ロッドに重みを感じられなかったのでちょっとだけステイさせるとばっちり乗ってきたので、合わせてファイト開始!

20171029_01.jpg

20171029_02.jpg

……まあそれほど強烈な抵抗でもなく、今日は佐田岬半島仕様のガチンコタックルだったこともあり、ほぼ一方的な勝負で抜き上げ成功。釣れたのは全長65cmほどのハマチだった。なんとかお土産を確保したここで納竿! 急いで帰宅することに。

潮止まりでようやく地合いを迎えたのか、ポッパーよりもダイペンがお好みだったのか。今日の印象としては、あれだけポッパーを投げ倒して無反応だったのにダイペンに換えたとたんにヒットしたという感じだ。強い横風に負けず、最初からダイペンを投げていれば、もっと楽しい釣りができたのかもしれない。佐田岬半島も、だんだんと面白い時期を迎えてきたようだ♪

m_a2r.gif 鰤(落款付き) 書道家が書く漢字Tシャツ
関連記事