つりつり。 ホーム » 

南予方面へ調査釣行(デカカマス編)

ヤズを釣ってお土産は確保したので、続いてはライトゲームである。この時期のライトゲームといえば全長40cmを超えてくるデカいカマス! 去年はえらいこと苦戦した獲物だが、今年はその借りを返したい。というわけで南予某所にやってきた。

ポイントには何人かの釣り人が居たが、あまり調子は良くなさそう。しかし足元には剥がれたウロコが散乱してたりするので、釣れてはいるのだろう。早速俺もキャストする。

デカカマス狙いの俺のラインシステムはPE0.3号+フロロカーボン1号だ。スパスパ切られまくってシステムを組みなおすのがめんどくさいときはスプールごと変えてフロロカーボン1号直結にする。ルアーの動きはナチュラルだがカマスの鋭い牙によって切られやすい、諸刃の剣的組み合わせである。

で、そんな守備力度外視の構成で探ってみたのだが……チェイスはしてくるものの、食いつきはしない。何度かキャストしているとチェイスすらしてこなくなる始末である。そのチェイスしてくるカマスも大したサイズではないし。メバリング用のソフトルアーをいろいろとローテーションさせてみるが、改善の兆しすらみられない。

基本的にカマス狙いのソフトルアーはメバリングと兼用なので、アジング用のソフトルアーは持ってきていなかったのだが、ルアーケースの中に1個だけアジング用のアジアダー:必殺イワシが転がっていたのでそれを付けて投げてみると、なんと一発でヒット! しかもかなり強烈な引きで、ドラグがジャージャー唸りながら出ていく。巻き上げて、ドラグが引き出されて。また巻き上げて、ドラグが引き出されて……というのを何度か繰り返して、ようやく抜き上げ成功!!

20180304_02.jpg

釣れたのは全長40cmを超える、狙っていたデカカマス! やっぱり居た!! それにしてもルアーを変えるだけでここまで反応が違ってくるとは。必殺イワシがあっけなく食いちぎられてしまったので、別のクリア系カラーのアジアダーを投げてみたのだが、今度もすぐにヒットして、そのままラインをスパッとやられてしまった。アジアダーが無くなったので、似たようなフォルムでちょっとだけ太いアジリンガーを試してみると、反応はアジアダーより悪くなったが、それでもなんとかもう1匹追加(35cmくらい)することができた。

20180304_03.jpg

だいぶ反応が悪くなってきたので、昼前に納竿した。ライトゲーム編の釣果は、全長35cmと45cmのカマスが2匹だった。

ルアーの色と形状がとても重要だった。ホワイトやピンクといった色ではほぼ無反応で、クリア系のラメ入りカラーが良かった。形状は細身のダートさせやすいもので、これに2~3gのダートタイプのジグヘッドを組み合わせる。ボトム付近まで沈めて、数回トゥイッチ→フリーフォール、数回トゥイッチ→フリーフォール……というふうに誘ってやると食いついてくるようだった。

なんといっても効果抜群だったのはアジアダーだ。なんでこれをもっと持ってこなかったのか……。今後も同じような反応が続くかどうかはわからないが、次は複数カラーのクリア系アジアダーをしっかり準備しておこうと思う。カマスの群れが去るまでに、もう一度行きたいなあ!!

m_a2r.gif ワームで極めるソルトゲーム
関連記事

南予方面へ調査釣行(ショアジギング編)

3月になった。南予方面の青物が気になり始めた頃だ。しかしながらそっち方面の情報は何もないので、自分の目と足で調べてみることにした。ちょうど降りてみたい新規地磯もあったので、頑張って早起きして一路南予を目指す。

少し明るくなり始めたころにその地磯に到着したが、俺が一番乗りだった。まず海を見渡してみると、何やら小さなライズがポツリポツリと発生している。何かは分からないが、フィッシュイーターが朝ごはん真っ最中のようだ。規模が小さいし単発気味なので大型青物ではなさそうだが、まずはポッパーを投げてみる。

……数投目でバシャッと出たが、軽く触れただけでフッキングせず。反応良いが、なんかヤズっぽい感じだ。それっきりポッパーに反応が無くなったので、ベイトが小さめであると仮定してクリアカラーのローデッドF140に交換してみた。

海では相変わらず単発ライズが続いており、鳥も飛んで小魚を狙っている。何かは居るに違いないのだが……と確信してキャストを続けていると、ついにヒット!

20180304_01.jpg

ライズの正体は全長40cmちょいのヤズだった。まあ予想通りだった。なんだかおいしそうだったのでキープして、あとは気楽にいろいろ試してみることにした。

この地磯は流れはさほど強くないようだ。水深は、60gのジグをフリーフォールさせるとカウント45くらいで着底するので、まあそこそこはあるようだ。青物も狙えるだろうが、グルーパーも面白そうなポイントだ。

というわけで青物調査終了! ヤズは釣れるが、サイズアップは……どうだろう。今日みたいなマイナー地磯でなく、メジャー地磯なら有望なのかも。次はそういうとこに行ってみようかなあ。とりあえずこの後はさらに移動して、去年さっぱりだったこの時期ならではの日中ライトゲームを試みることにした。その記事は次回で。

m_a2r.gif ショアジギングマガジンII
関連記事

佐田岬半島でメバリング始動!

もう3月が目前だ。先だっては愛媛県にも記録的な大寒波が複数回襲来して、大雪に驚いたりしたものだが、最近は気温も落ち着いてきたように思う。啓蟄にはまだ早いが、俺の釣りの虫は蠢きだしてきたので、メバリングに出撃してみることにした。

俺の知っているメバリングポイントは長浜保内方面・佐田岬半島方面・宇和海方面だが、長浜保内方面はまだあまり話を聞かない(釣り人は居る)。宇和海方面は一度調査に行ってみたのだがさほどでもない様子(釣り人はいっぱい居る)。なので佐田岬半島に行ってみることにした。

いろいろポイントはあるのだが、シーズン初期ということで先端付近まで行ってみる。午前5時頃、某漁港に到着して探ってみるのだが……完全に無反応。テトラの上は夜露に濡れて滑りやすくなってたりして、踏んだり蹴ったりだ。そもそもここはシャロー気味のポイントなので、干潮周りはあまりよくないのかも。……そういえば、この近くに干潮周りが良い地磯があった。ショアジギングでは何度か降りたことがあるが、メバリングは試したことのない場所だ。もうあたりは白んできたが、意を決してその地磯に移動することにした。

その地磯に降り立つと、もうヘッドランプは要らないくらいの明るさだ。それでも地磯だからまだまだメバリングはイケるだろう。まずはショアジギングの立ち位置から狙ってみるが……何も無し。あたりはますます明るくなってくるので、焦りながら立ち位置を変えてなんとかメバルの居場所を見つけようと足掻いてみる。と、地磯の一角でメバルのアタリがあった! そして強烈な引き!! 間違いなく良型だろうが、ヒットさせたのは岩のすぐ際だったので、しばらくやり取りしているとガリガリとラインをこする感触が。そして無念のラインブレイク……。

しかしようやく居場所を突き止めたので、気を取り直してキャストを続ける。するとすぐに2回目のヒット!

20180224_01.jpg

釣れたのは全長20cmほどのメバル。キープサイズだが、最初に逃がしたやつは確実にこれより良いサイズだと思われるので、なんとかそいつを釣るべくキャストを続ける。いろいろ試してみた結果、クリア系のラメ入りのソフトルアーが最も反応がいいようだ。25cmまでのメバルを、ぽつぽつながら追加していくことができた。

20180224_02.jpg

午前10時前までやって、最終的には何をしようがイソベラ以外釣れなくなったので、納竿とした。本日の釣果は全長20~25cmのメバルが5匹だった。

このポイントは干潮周りが良い所なのだが、今日のメバルのアタリも8時半くらいの引き止まりまでに集中した。引き止まりから上げに転じるとグッとアタリが少なくなった。俺のメバリングの腕前はしょぼいので、潮や天候の支援を受けられるように釣行のタイミングには注意しなければならない。やっぱ上げ止まりや下げ止まり前後は狙い目だというのが再確認できた。できれば暗いうちからこの地磯に降りていればなお良かったかもしれないが、明るくなってからもごくごく普通に釣れたので、マズメ時が過ぎてもまだまだチャンスはあるということだろう。

ひさびさのメバリングは実に楽しかった。これからさらに釣果が上向いてくるだろうから、新月周りの夜は積極的に狙ってみる価値がありそうだ♪

m_a2r.gif アジング・メバリング超思考法
関連記事