つりつり。 ホーム » 

初秋のエギングはモイカではなく……

夏の間『新しい釣り』を開拓しようとあちこちさまよって試行錯誤していたものの、完全試合の敗北を喫してばかり。慰めに出撃したショアジギやタコ釣りでさえ釣果を上げることは出来ずで、どうしたもんかと頭を抱える日々を送っていた。で、気づけばもう9月。秋モイカや佐田岬半島ショアジギング本格始動の動きが出始める頃だ。ちょうど、県内の瀬戸内海側某所で秋サイズのモイカが好調との話を聞いたので、イカならいけるだろう! という上から目線の判断で出撃してみることにした。

狙う時間帯は夕マズメから夜にかけて。新子は釣りたくないので、反応は悪くなるがキープサイズを狙える3.5号のエギをキャストする。秋なので速いテンポで攻めてみるのだが……無反応。エギのサイズを2.5号にまで落としてみてもやはり反応が無い。よほど活性が低いのかと思い、夜専用のリトリーブメインの攻め方をしてみると、ようやく反応があった! が、引きはそれほどでもないので、リリースサイズかなぁと抜き上げてみると……

20170908_01.jpg

なんとモイカではなくケンサキイカ! ここからだいぶ離れた某所では釣れているという話を聞いてはいたが、このへんでも釣れるとは! 他にも居るかも、と思って再度キャストすると、またもヒット! これは間違いない。この海域にもケンサキイカが居る!

こうなればモイカからケンサキイカに狙いを変更だ。といっても、俺はこれまでケンサキイカを狙ったことがない。釣り方としては、2.5号のエギで棒引きし、たまに小さなシャクリ(トゥイッチみたいな感じ)を入れるだけらしいのだが。モイカ狙いみたいにビシバシしゃくるのはNGらしい。乏しい知識を頼りに釣り続けていると、ぽつぽつながら反応がある。

20170908_02.jpg

釣れるのは全長15cmほどのやつが多いが、たまに全長20cmくらいのも釣れる。まあモイカでいう秋サイズくらいで、なんとかイカソーメンにはできそうなサイズだ。最初は表層で釣れていたのだが、だんだん釣れるレンジが下がっていき、最後にはボトムでヒットするようになった。完全に反応が無くなったので、終了。

20170908_03.jpg

本日の釣果は、全長15~20cmほどのケンサキイカが5杯だった。サイズはアレだが、狙って釣った初めてのケンサキイカだ。ケンサキイカだと思う。ケンサキイカじゃないかなあ。ヤリイカにしてはエンペラ部分の先端ががとんがってない……と思うのだが。

エギを使うがしゃくってフォールではなく、巻きながらトゥイッチを入れるので、待ちの釣りではなく攻めの釣りといった趣だ。これはこれでおもしろいなあ。もう少し大きいのが釣れれば言うことなしだが、まあ良しとしよう。夏はダメだったが、秋になっていい釣りを覚えることができた。まだ釣れるようなので、他のポイントも調べてみようかなあ。

m_a2r.gif イカ先生のアオリイカ学ーこれで釣りが100倍楽しくなる! ー
関連記事

再び夏モイカを探して……

前回調子良かった愛南町の日中エギングを今週も試みた。今週は晴れで日差しもきつそうなので、午後3時半くらいに現着して地磯に降下する。今日は夕マズメ前後を攻めてみる予定だ。

ところが、先週は割と反応のあったモイカだが今週はまったく音沙汰ない。見えモイカも居ない。3.5号のエギが先発だったのだが、大きいエギが警戒されているのかもと思い、2.5号に変えてみると、沖合からエギを追跡してくるモイカを発見! いったんエギを回収し、ちょい投げで近くに再投入して数回軽くしゃくるとすぐに抱き着いてきた。

20170716_01.jpg

釣れたのは胴寸17cmほどの秋サイズ。とりあえず1匹釣れたのは嬉しいが、これくらいのサイズだと数釣れてほしい。できればキロアップなんかいいなあ。というわけですぐにキャスト再開!

……小さいエギが良いのかといえばそういうわけでもないようで、沈黙の時間が過ぎていく。3.5号に戻したり3号にしてみたり、カラーローテーションを試したり。いろいろやってはみるのだが、どうにも今日は釣れない。そんな中、買ったはいいが今まであまり出番のないラトル入りのエギを投げてみることにした。動きや大きさだけでなく音でもアピールしてみようとの魂胆だ。すると、数投目でガツッとヒット!

20170716_02.jpg

ドラグは鳴らないが元気に抵抗しながら抜き上げたのは同寸23cmほどのモイカ! 他のエギでは無反応だったのだが、ラトル入りに変えた途端にヒットしたところを見ると、音というのもなかなか馬鹿にできない要素なのかもしれない。エギボックスの中に1~2個忍ばせておくくらいがいいかもしれないな。

そのラトルの神通力も薄れてきて、またも無反応の時間が続く。そうこうしているうちに薄暗くなって夕マズメを迎えた。普通のエギングではこれからがゴールデンタイムなのだが……何も無し。PEラインのかなり根本の方をズリズリしてしまって傷が入ってしまうし、疲れたのでこれで納竿とした。

20170716_03.jpg

本日の釣果は同寸17~23cmのモイカが2匹だった。割と反応の良かった先週とは打って変わって、渋い状況だった。小潮周りは良くなかったのかな? 次はまた大潮周りのときに狙ってみようかな。夏の一発大物をなんとか仕留めたいなあ。

m_a2r.gif アオリイカ乗ってます。
関連記事

愛南町で夏の日中エギング!

愛媛県はまだ梅雨明けしていない。雨の日が多いこの時期だが、今週末は曇りに留まるようなので、そろそろ気になる夏のモイカを探してみることにした。今週末は土曜の日中しか時間がないので、必然的にデイエギングになる。日中のエギングで有望といえば……南予方面くらいしか思いつかなかったので、とりあえず愛南町まで行ってみることに。

曇りなので日差しは強くないが、蒸し暑い愛南町。メジャーポイントの漁港で竿を出せればと思っていたのだが、この日中でも頑張っている釣り人が結構居る。しょうがないのでエギングのできる地磯に降りることにした。

えっちらおっちら降下して、さあタックルを展開……と思いきや、エギスナップが無い。どうやら家に忘れてきたようだ。さらに曇天の奥から「ゴロゴロゴロ……」とドスの効いた歓迎の音が。多少の雨は問題ないが、落雷はダメだ。のっけからつまづいてばかりだし、いっそ止めて帰ろうかなとも思ったが、落雷は高知の沖合いで発生しているようだし、ゴロゴロもさっきの一発だけで鳴らなくなった。せっかくなのでちょっとだけエギを投げてみることにする。

この地磯はわりと広い上に釣り人は俺だけなので、立ち位置もキャスト方向も好きなようにできる。あちこちに投げていたら数投目であっさりヒット! グイングイン竿先を引き込む生命感にあふれた手ごたえが心地よい。

20170708_01.jpg

釣れたのは同寸23cmほどの、食べておいしいサイズのモイカ! いいサイズ居るじゃん、と気を良くしてさらに追加を狙う。

……一通り投げてみて反応無しになったので、面倒くさいがエギ交換。買ったばかりのパタパタQを直結して投げてみる。胸ヒレのようなパーツが水中でパタパタ動いてイカを誘うというなんだかかわいいコンセプトのエギだ。そして胴寸20cmほどのモイカがヒット! しかも足元にはそれと同じくらいの見えモイカが数匹居る。パタパタQを投げてみるが、3.5号では逃げられてしまった。ならばと2.5号に結び変え、見えモイカを探すが……どっかに行ってしまったようだ。エギスナップを忘れていなければ釣れたかもしれないのに、俺のバカ。

20170708_02.jpg

しかし、そのまま2.5号を投げ続けているとこれにもヒット! 今後の1軍エギにパタパタQ追加だな。

夕マズメの時間帯になってきたが、相変わらず蒸し暑いままだ。そして満ち止まりの時間帯に近づいてきたとき、潮の流れにも変化が出来たのか、潮目というか流れがぶつかって海面がざわめく状態になった。いかにもベイトが居そうな雰囲気だったのでそこにキャストしてみると、着水後すぐにラインを引ったくるアタリが! 予想通り捕食する気満々のモイカが居たようだ。潮目を中心に攻めてみると、さらにもう1匹追加できた。

20170708_03.jpg

しかし、俺の体力も底を尽き始めた。蒸し暑い中ずっと立ちっぱなしウロウロしっぱなしだったからなあ。というわけで暗くなる前に納竿した。本日の釣果は胴寸20cm前後のモイカが5杯だった。

今日釣れたモイカのアタリはラインを引っ張っていく明確なものばかりだった。ボトムだけでなく中層付近を速いピッチでしゃくってきても釣れた。今日は日中のまだ日が高い時間帯から釣り始めたけど、マズメ時を見据えて夕方16~17時頃から釣り始めると、体力の負担も少なくていいかも。ただ、真昼間にエギングで狙えるというのはやはり面白い。ちょっとしんどいけど、それに見合う価値はあると思う。夏のデイエギングは、暑さ対策を整えて、今後も無理のない範囲で楽しもう!


m_a2r.gif ヤマラッピ&タマちゃんのエギング大好きっ!vol.10
関連記事