つりつり。 ホーム » エギング » 西海の春イカとアジギング

西海の春イカとアジギング

ずいぶんひさしぶりの釣行は、愛媛最南端の西海に春のモイカ狙いとすることにした。西海のモイカは一年中釣れるのだが、この時期はさすがに数は少なくなり、そのかわり一発大物が出るという。

17:00頃、内泊に到着。さっそくエギング開始。ここらの海の透明度は高く、きれいな水だ。30cmオーバーのチヌが悠々と泳いで俺らをお出迎え。

が、投げても投げてもモイカは釣れない。そもそも真新しいイカスミがどこにも付いてない。場所を変えて中泊や外泊でも竿を出してみたが、同じ結果だった。唯一中泊で、一緒に釣っていた友人が小さいモイカを1杯だけ釣り上げた。

今日の釣りはどうも災難で、俺はラインがもつれたり切れたりすること数回。1時間くらいは間違いなく時間が潰れてしまった。しかも、俺の奇跡のエギである歴戦のマーブルサクラダイ3.5号が、しゃくった瞬間にラインが弾けて討死なされた。
ついでに、マーブルトマト3.5号も同じ運命をたどっていたのだが、これはなんと、一緒に釣っていた友人が引っ掛けて、無事に回収することができた。こういうこともあるんやなぁ……。

結局今日はちびモイカが1杯だけだった。一応、中泊では胴寸20cmくらいの良型モイカがふらふら泳いではいたのだが、何をやっても無反応だった。

これではちょっとくやしいので、同じく西海の特殊なポイントに移動。陸っぱりで40cmくらいのヤズみたいなアジが釣れる場所だ。なぜか不思議なジンクスがあり、モイカを釣れない人間はここでアジを釣ることができるのだ。逆に、モイカを釣った人間は、ここではアジは釣れない。

アジ用のタックルは、エギングタックルの流用でよい。エギングロッドにPE1.5号とフロロカーボン2.5号のリーダーが1メートルほど。スナップからエギを外し、12gくらいの小型ジグに付け替えるだけだ。できるだけ遠投し、底まで沈めてからリトリーブ開始。
アクションはその日その日によって反応が異なるようだ。この日はちょっとゆっくりめの棒引きによく反応があった。ちなみに夜だったので、夜光塗料の塗ってあるジグの方がいいみたい。フラッシュ蓄光器で光らせておくとやはり反応が良かった。

1~2時間ほどそこで釣って、30cmくらいの良型アジと、20cmくらいの普通サイズアジを1匹ずつゲット。アジは小さくても意外と引きが強く、横走りするなどなかなか楽しませてくれる。ただ、口が弱いので、かかってもよく逃げられてしまう。強くフッキングしたらその瞬間にフックが外れてしまうし……ここいらへんが難しいところだ。俺も何回か逃げられてしまった。

モイカは釣れなかったが、とりあえずおみやげは手にすることができた。けど、せっかくモイカ天国・西海に来たんだから、できればモイカを釣りたかったなあ。

20060325_01.jpg

(↑今回の俺の釣果。クリックで拡大)
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/9-cab6b53c

サンライン(SUNLINE) SHOOTER(シューター

/g1004/g201/g302/納期のご確認はこちらから在庫状況・納期の目安の確認 (※ご確認には商品番号が必要です。)【商品番号は 54617 です】上記のリンクより現在の在庫状況、納期の目安をご確認頂けます。正確な納期は24時間以内にお送りする受注受付メールでお知らせ致します

2007-09-17 12:35 │ from ラインを...