つりつり。 ホーム » スポンサー広告 » その他フィッシュイーター » 見えチヌ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えチヌ

ルアーで狙うチヌ釣りって面白そうやな~と思っていた。チヌルアーというとポッパーでの表層狙い以外にMリグARリグというのがある。MリグはラパラCD7を改造してボトムを狙う釣り方で、ARリグというのはAR-Jigという専用のジグヘッドと珍国際Berkleyガルプ!サンドクラブフリーというソフトルアーで狙うものらしい。どっちも手軽に挑戦できるのが、俺にとっては魅力的。

ちょうど先日ヘシ折れたバスロッドの代わりとして、新しいシーバスロッド(メジャークラフト TripleCross TC-862PE/L)を購入したので、こいつの試用もしてみたかったところだ。

で、どこに釣りに行こうかと考えていたのだが、今現在チヌが熱い! なんていうポイントの情報は見つけることができなかったので、とりあえず三机に行ってみることにした。「困った時は三机に行け」というのが俺の信条。確か三机は、俺は釣ったことないけどチヌが釣れる場所であるし、見えチヌがウロウロしているのを目撃したこともある。

チヌ狙いなら当然、まだ暗い時間帯が狙い目になるのだが、あいにく今日目覚めたのは朝6時で、チヌ狙いには厳しい時間帯になっている。けどとりあえず出撃してみた。

朝8時頃、三机に到着。堤防の方はすでに釣り人でいっぱいだ。最近になってまたこのあたりに青物の回遊が始まったようなのだが、今日は何も釣れていないようだった。俺は公園奥の小さい堤防に移動。

まずはTC-862PE/Lを振ってみることに。買っておいたX-RAPを付けて、アクションをつけてみる。おお、しゃくりやすい! PEモデルだけあってルアーもかなり飛ばせるし、これはなかなかいい感じかも。

と喜んでいると、視界の隅に動く物が。
扁平なシルエットにうっすらと黒い縦縞模様の……チヌだ! サイズは30cmくらいか。
よく見るとチヌは結構見える。サイズはたいてい20~30cmくらいだが、たまに30cmオーバーの良型が悠々と泳いでいたりする。

もしかするともしかするかも……なんて淡い期待を込めて、まずはMリグ投入。しかし、チヌは遠巻きにじっと見ているだけで、食いつこうとはしない(^^;)
しかも三机の海底は、砂地+藻&ゴロタ石で、ボトムを這うように泳がせるMリグはちょっと辛い。ルアーロストしないうちにARリグに変えることにした。

ARリグはジグヘッドに障害物避けのリップが付いているだけあって、藻や石にも根掛かりすることはない。これはすごい。安心してボトム狙いできるぜ~!
……と思っていたら、クサフグやイソベラがソフトルアーを猛烈に小突き回って、すぐにボロボロになってしまう。これでは釣りにならないorz

やはりチヌ狙いは、エサ取りの心配がなくて活性も上がる夜の方がいいようだ。「見える魚は釣れない」という魚釣りの格言を改めて体験してしまった。

早々にチヌは諦めて、エギングを試みることにした。エギングの話は次回で。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/32-9225243e

/g1001/g205/g301/確実なエギアクションと繊細な感度を併せ持ったワンランク上のエギングロッド!メジャークラフト社の激売れロッド【トリプルクロス】シリーズのハイスペックモデル。ブランクス、ガイド、グリップなどを変更し、よりシャープに、よりセンシィティブに、よ

2007-07-23 15:30 │ from エギングをあげる

メジャークラフト RAYCAL ライカル(RE-832

ディープ対応モデル。ディープエリアにおいても切れの良いダートを生み出すパワフルなバット。フォール中の繊細なバイトを感じ取る超高感度ティップ。2キロ、そして3キロオーバーのモンスター級のジェット噴射をしっかり受け止める安心感は、この軽さからは想像がつかないか

2007-09-04 15:44 │ from エギングを極める




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。