つりつり。 ホーム » ショアジギング » 愛南町でネイリ退治!

愛南町でネイリ退治!

愛南町の各漁港では、ムラがあるもののネイリが好反応で、外道でオオモンハタも食いついてくるとのこと。夏の間ずっとこの情報を聞いていて、何回か調査には行ってみたのだが、どの漁港に行ってもちっともさっぱりだった。やはり地磯だ。俺には地磯しかない。暑い中で地磯への昇り降りはしんどいが、みんなが釣ってる愛南町のネイリを俺も釣ってみたいという欲望に駆られ、漁港ではなく某地磯への降下を敢行した。

出発が少し遅れたので、明るくなった午前6時くらいから釣り開始。展開したのは佐田岬半島仕様のガチタックルではなく、ルアー耐荷重60gまでのミディアムクラスのショアジギタックルだ。軽めのプラグ類ならこれで十分投げられるし、28~60gのジグも扱いやすい。そもそもネイリ狙いなので必要以上に強いタックルはいらんだろう。それに何より、この軽いタックルはすごく体に楽なのだ。

目の前の海はかなり流れが速く、60g程度のジグでは底を取ることができない。なのでトップメインで攻めることにする。ローデッドF140を先発で投げるが、反応無し。二番手のラピードF160を投げて、連続ショートジャークでパチャパチャやってると、ゴボゴボッと海面が沸き立った! ロッドにしっかり重みが乗ったのを確認して、ファイト開始! 元気よく走り回るが、ポンピングで難なく寄せてこれる。足元付近で根に突っ込もうとするがそれもいなして、抜き上げ完了!

20170910_01.jpg

釣れたのは全長40cmないくらいのネイリ! みんなが釣ってたターゲットをようやく俺も仕留めることができた。

1匹確保できたので、安心して試行錯誤タイムに入ることができる。青物用ミノーを投げてみたり、ジグで表層を攻めてみたり。アクションを変え、レンジを変え……。その結果、午前9時前くらいに同じくラピードF160で二匹目を追加できた。最も反応がいいのはダイビングペンシルのようだ。ポッパーにも反応が2回あったのだが、どちらもヒットには至らなかった。

午前10時頃になってもまだまだ反応は良いようで、ズバーンッと大きめな水柱が出たり(でも食いつきはしない)、巻き上げて回収中のダイペンを2~3匹のネイリが足元までチェイスしてきたり(でも食いつきはしない)……。何かに追われた小魚が一斉にザアッと轟音を立てて逃げまどったりしているのもよくあった。サイズはともかく、青物が回遊しているのは間違いないようだ。

20170910_02.jpg

本日の釣果は、全長40cm前後のネイリが2匹だった。狙い通りの獲物が狙い通りに釣れたのでうれしい限り。次にまた来ることがあれば、トップオンリーで攻めてみるのが効率良さそうだ。ちなみに今朝は、足元に2匹と沖合に別の2匹の、合計4匹のウミガメがず~っとウロウロしていた。この子らにルアーをひっかけたりしないように、よく注意しなければならない。ウミガメが居ない隙を狙ってキャストするというハイエナ釣法が有効だ(^^;)

マズメ時はそれほどでもなく、明るくなってから本格的にアタッてきたように思う。だいぶ涼しくなってきたとはいえ日中はまだまだ暑いので、防暑と水分の準備をして、粘ってみるといいのかもしれない。もういっぺんくらい調査に行きたいなあ。

m_a2r.gif ショアジギングBible2017
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/212-1c6cd686