つりつり。 ホーム » エギング » 再び夏モイカを探して……

再び夏モイカを探して……

前回調子良かった愛南町の日中エギングを今週も試みた。今週は晴れで日差しもきつそうなので、午後3時半くらいに現着して地磯に降下する。今日は夕マズメ前後を攻めてみる予定だ。

ところが、先週は割と反応のあったモイカだが今週はまったく音沙汰ない。見えモイカも居ない。3.5号のエギが先発だったのだが、大きいエギが警戒されているのかもと思い、2.5号に変えてみると、沖合からエギを追跡してくるモイカを発見! いったんエギを回収し、ちょい投げで近くに再投入して数回軽くしゃくるとすぐに抱き着いてきた。

20170716_01.jpg

釣れたのは胴寸17cmほどの秋サイズ。とりあえず1匹釣れたのは嬉しいが、これくらいのサイズだと数釣れてほしい。できればキロアップなんかいいなあ。というわけですぐにキャスト再開!

……小さいエギが良いのかといえばそういうわけでもないようで、沈黙の時間が過ぎていく。3.5号に戻したり3号にしてみたり、カラーローテーションを試したり。いろいろやってはみるのだが、どうにも今日は釣れない。そんな中、買ったはいいが今まであまり出番のないラトル入りのエギを投げてみることにした。動きや大きさだけでなく音でもアピールしてみようとの魂胆だ。すると、数投目でガツッとヒット!

20170716_02.jpg

ドラグは鳴らないが元気に抵抗しながら抜き上げたのは同寸23cmほどのモイカ! 他のエギでは無反応だったのだが、ラトル入りに変えた途端にヒットしたところを見ると、音というのもなかなか馬鹿にできない要素なのかもしれない。エギボックスの中に1~2個忍ばせておくくらいがいいかもしれないな。

そのラトルの神通力も薄れてきて、またも無反応の時間が続く。そうこうしているうちに薄暗くなって夕マズメを迎えた。普通のエギングではこれからがゴールデンタイムなのだが……何も無し。PEラインのかなり根本の方をズリズリしてしまって傷が入ってしまうし、疲れたのでこれで納竿とした。

20170716_03.jpg

本日の釣果は同寸17~23cmのモイカが2匹だった。割と反応の良かった先週とは打って変わって、渋い状況だった。小潮周りは良くなかったのかな? 次はまた大潮周りのときに狙ってみようかな。夏の一発大物をなんとか仕留めたいなあ。

m_a2r.gif アオリイカ乗ってます。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/210-eb465851