つりつり。 ホーム » タコ釣り » 梅雨明け前でもタコを探して……

梅雨明け前でもタコを探して……

まだまだ梅雨は明けないが、今週末は梅雨の中休みのようだ。タコは梅雨明けからが本番だが、ちょっとくらいフライングしても問題なかろうw。というわけでタコを探しに佐田岬半島をうろついてみた。

引き潮周りなので、俺の好きな、シャローのサイトフィッシングが可能だ。何か所かシャローのタコポイントを探ってみるが……見えタコも何も居ない。藻や岩陰の近くで誘ってみるも、タコは出てこない。

実績ポイントにやってきて、まずはシャローで見えタコを探すのだが、やはりタコは出てこない。そこで、シャローはあきらめてちょっと水深のあるポイントをキャスティングで攻めてみることにした。

キャスティングでタコを狙うには、まずキャストして底を取り、ルアーが着底したら2~3秒待つ。着底した付近にタコが居れば、まずこの時にルアーに抱き着いてくるのだ。抱き着いたかどうか確認するために、ゆっくりとリールを巻いてみる。ずしっと重ければタコが抱き着いている。軽ければタコは抱き着いていないので、そのままリトリーブを続けて誘ってみる。リトリーブ速度はかなり遅めで。ときどきストップし、ボトムバンプまたはシェイクさせて誘う。誘った後は数秒ストップし、またゆっくり巻いて抱き着いたかどうか確認する……。

……数投し、足元付近まで巻いてきたあたりで、なにやら微妙に重くなってきた。タコだかゴミだかよくわからないが、シェイクさせてさらに巻いてみるとさっきより重くなった気がする。タコだと仮定して思いっきり合わせてみると、ずっしり重いが浮上してきた!

20170702.jpg

ゴミではなくタコでした! そんなに大きいわけではないが、以前釣ったやつよりかは大きい。地味ながらすくすくと成長しているようだ。

これを釣ったのが正午過ぎだったので、もうこれで納竿とした。とりあえず今日もなんとかお土産は確保できた。タコポイント、もう少し新規開拓を進めたいなあ。流れの速い場所のタコは妙においしかったりするので、そういう所を中心に探してみようか……。

m_a2r.gif 日本のタコ学
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/208-59dfa6af