つりつり。 ホーム » ロックフィッシュ » 梅雨時のメバリングとタコ釣り!

梅雨時のメバリングとタコ釣り!

今年は空梅雨かと思いきや、今週末からようやくまとまった雨になりそう。本格的に梅雨入りとなると釣りにも行けなくなるので、雨が降り出す前に出撃してみることにした。ターゲットは梅雨メバルと初夏のマダコ! ついでに朝マズメにはひさびさにショアジギングも試してみようかという腹づもりだ。

まずは夜の部。いつもの長浜~保内間の地磯に陣取って、夕マズメからメバリングだ。午後7時くらいからスタートしたのだが、今の時期はこれくらいの時間はまだまだ明るいので、先発ルアーはマイクロジグだ。藻柱はだいぶ少なくなってきたので根掛かりの心配はあまりなさそうなのだが、それはつまりメバルの隠れ家も無くなっているということなので、ちょっと心配……。

……表層から底層までリフト&フォールを繰り返すも無反応だった。日も落ちたのでジグヘッド単体にチェンジする。まずはアミパターンらしくスローリトリーブの棒引きを試すが、これも無反応。シンペンやポッパーもダメだった。では小魚を追っかけているのかと、2gジグヘッド単体+スクリューテールグラブという安定の小魚仕様で底層~中層をファストリトリーブのストップ&ゴーで攻めてみると、いきなりガツンと強烈なアタリ! やや緩めにしていたドラグもジィジィ鳴り出す!

20170624_01.jpg

ヒットしたのは全長24cmほどの良型メバル! これくらいのサイズが釣れてくれると実に楽しい。梅雨時期には梅雨メバルといって良型のメバルがスポット的に釣れるらしいが、まさにこういうことなんかな? できれば20cm後半くらいのが釣れてほしいが……。

これを皮切りにアタリが頻発するようになるが、サイズもどんどん小さくなってくる。ついでにゼンゴアジまでどんどんヒットしてくる。小魚を追っているのならマイクロジグのスイミングで誘えるかも、とジグを投げてみたら、やはりヒットするもののサイズはイマイチ。

20170624_02.jpg

これは撮影後にリリースした。ジグヘッド単体でもマイクロジグでも、リフト&フォールより速引きのストップ&ゴーの方が圧倒的に反応が良いようだ。

20170624_03.jpg

小メバルとゼンゴアジの猛攻をかいくぐり、なんとかキープサイズをもうひとつ追加して、夜の部は終了とした。

明けて、朝の部開始! 初夏なんだからネイリかヤズでもおらんかな~と、佐田岬半島先端付近の某所に行き……ショアジギングという名の素振りを数時間ほど繰り返す(^^;)

ショアジギがダメなら次はタコ釣りだ。なんせショアジギタックルそのままにタコスピン装着で楽しめる。例年の有力ポイントを回ってみるが……見えタコはおらず、深場にキャストしてみても反応無し。こうなったら足で見えタコを探そうと、シャローのポイントを歩いてみることにした。

……と、石だかタコだかよくわからない物体が岩陰に見える。こういうのを見つけるとタコスピンを投入するに限る! 近くをゆっくり通して、ときどきシェイクで誘ってやると、ボワンと擬態を解いてタコスピンに抱き着いてきた!

20170624_04.jpg

釣れたのは小型のマダコだが、サーチ&デストロイで狙い通りに釣れたタコなので、実に嬉しい。タコ釣りは梅雨が明けてからが本格シーズン入りだから、この調子だと今年も楽しめるかな。メバリングは、まだまだ釣れることは釣れるが、どうにもサイズが微妙だ。一か所で粘るよりもランガンした方がよかったかも。さてさて、今年の夏はどんな釣りを楽しもうか……♪

m_a2r.gif イカ・タコ識別図鑑
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/207-6c3ace0a