つりつり。 ホーム » スポンサー広告 » エギング » 愛南町で冬エギング!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛南町で冬エギング!

佐田岬半島の青物もなんだかひと段落ついてしまった気配濃厚なので、ちょっと目先を変えて愛南町まで行ってみることにした。朝からいろいろとうろついてみたのだが……満足のいく釣果は挙げられず。なんかいい獲物は居ないものかと現地で考えた結果、もう朝マズメはとっくに過ぎているのだが、冬のエギングを試みることにした。

いかに愛南町とはいえ、もう完全に明るくなった時間帯に漁港では釣れる気がしない。ということで、人があまり来ないような地磯に降りてみた。何度か竿を出したことのある地磯なので、どれくらい沈めたら根掛かりするのかもだいたい把握できている。ボトムを着かず離れずといった塩梅でしゃくっていると、ついっとラインを引っ張っていくアタリが出た! 少しだけラインを送り出してから合わせるとばっちり乗せることができた。

20170129_01.jpg

釣れたのは胴寸20cmあるかないかの食べごろサイズモイカ。とりあえずお土産を確保できたので、気をよくしてキャストを続ける。

と、今度はずっしりしたアタリが! モイカならキロアップ間違いなしの重量感だったが、ジェット噴射が無い。ぐいぐいと抵抗する生命反応はあるのだが……浮かせてみると、ラグビーボールみたいな物体がぐりんぐりん回転しながら浮上してきた。正体は良型のモンゴウイカ! モイカに続き、おいしい外道も捕獲することができた。

そんなに水深のあるポイントではないのだが、やはりボトム付近をネチネチと攻めるのが良いようで、この後もモイカとモンゴウイカを1杯ずつ釣ることができた。

20170129_02.jpg

本日の釣果は大小さまざまのモイカとモンゴウイカが2杯ずつの、合計4杯だった。すべて3.5号のエギでヒットした。

本格的にエギングするならやはり夜からマズメ時の方がいいのだろうけど、日中でも十分釣りが成立したのは良かった。愛南町までナイトエギング遠征するのはちょっとキツイ気もするが、一発大物狙いで試してみる価値はあるかもしれない。なんだかんだ言ってもエギングは楽しいなあ。春になって本格的にシーズンインしたら、また試してみないといけないな……。

m_a2r.gif マンガで入門 エギンガーへの道
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/201-0e788d0d




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。