つりつり。 ホーム » タコ釣り » 九島でタコ釣り!

九島でタコ釣り!

去年橋が架かった宇和島市の九島で秋エギングを試みたが、小指くらいの新子は泳いでいるものの、キープサイズにお目にかかることはできなかった。少し前に愛南町でもエギング不発を経験しており、なんだかずいぶんエギングの腕が落ちたような気がしている。まあもともとそんなに上手でもないが……。

と、視界の隅に何やら動きまわる褐色の物体を確認。時折青白く変色しながら移動するその物体は、油断しきっているマダコ! 沖の方からすいすいと足元直下まで寄ってきて、そのままシャローに留まっている。ここへはエギングに来たものの、なんとなく釣れない予感もしていたので車にはタコ釣りタックルも積んでいる。急いでタックルを準備し、足元を覗いてみるとさっきのマダコはまだそこに! そうかそうか、そんなに釣ってほしいのか~。

20160910_01.jpg

タコスピンを近くに落とし込んでシェイクすると5秒もかからずに抱き着いてきた。やや小ぶりだが食べごろサイズ!

1匹釣ったところで周囲を広く見渡してみると、実は結構タコが潜んでいることに気付いた。呑気にも海底をお散歩しているようだ。ただ、大人の手のひらくらいの大きさばかりで、キープサイズには程遠い。せめて1匹目と同じくらいのサイズはいないか、歩きながら探してみることに。

1匹目を釣った場所は道路沿いのシャローで、足元のゴロ石とゴロ石の間を動き回っていたり、大胆にも護岸の平べったい捨て石の上でじっとしていたりもする。その道路沿いを2~3往復していると、ついにキープサイズのマダコを発見! ……無事に釣り上げて2匹目ゲット!

とりあえずおみやげは確保したので、本来の目的であるエギングに戻ったのだが、こちらは不発。島内の車で移動できる所をランガンしてみたが、徒労に終わった。本日の釣果は、やや小ぶりのマダコが2匹だった。

20160910_02.jpg

エギングなんかでは釣れなければどんどん場所移動を繰り返していくものだが、タコ釣りはちょっと違う。実績ポイントを一通りチェックしたら、時間をおいて何度かチェックしなおすのだ。1度見た場所に居なくても、しばらくしたらふらふら現れることも多いのだ。九島では初めてタコを狙ってみたが、数は多いがサイズはぼちぼち、という印象だ。時期によっては良型がわんさか、ということもあるだろうか。全体的にシャローエリアなので、タコ釣りはかなりやりやすいポイントだと思う。覚えておいて損はなさそうだな……。

m_a2r.gif 軟体動物のこと (自然スケッチ絵本館)
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/189-38b92162