つりつり。 ホーム » ショアジギング » 青物狙いの外道でヒラスズキ!

青物狙いの外道でヒラスズキ!

年末の休みに入り、今年最後の獲物を求めてうろついている。今朝の佐田岬半島はなかなかの荒れ模様で、青物の期待が高まるのだが、そう考えている釣り人も多いようで、希望のポイントに入ることはできなかった。荒れてる時でも安全に釣りのできそうなポイントを探して佐田岬半島を西進していき、決めたのは先端付近の瀬戸内海側の地磯。

実際に降りてみると、吹き荒れる風と押し寄せる波がどちらもすごい。干潮時に立つことのできるポイントは大波をかぶっており、足場の高い場所からキャストすることを余儀なくされた。

まだ薄暗いうちからポッパーを投げてみるが、風に流されうねりに揉まれ、ポッパーがどこにあるのかもわからない状態。散在する岩や根に引っかかりそうなので、朝マズメのゴールデンタイムは投げるのを諦め、完全にルアーが視認できる時間まで待つことにした。

さて、だいぶ明るくなり、キャスト再開。足下で砕ける波濤は広大なサラシを生み出している。ヒラスズキが居たりして〜、なんて思いながらポッパーを回収しようとすると、バチャッと弾ける水面! 足下のサラシの中に何者かが潜んでいるようだ。その出たポイントの近辺に何度かポッパーを通してみると、またもズバッと炸裂する水面! そして今度はロッドにずっしりと重みが! なかなかの重量感だがトルクは無い。そして豪快なエラ洗い……。

20151229_01.jpg

ヒットしたのは全長75cmほどのヒラスズキ! 午前7時頃、青物用のポッパーに食らいついてきた。本腰入れて狙ってみたかったが、ヒラスズキ用タックル一式は家でお留守番しているのだった。

ほんとに居るとはね〜と驚きながらキャスト続行。風が強すぎてダイビングペンシルは使えないので、ポッパーオンリーで攻めてみる。が、本命の青物は顔を見せてくれない。午前8時頃、またもヒラスズキっぽい「バシャッ!」があったのだが、これは掛けられなかった。

というわけで、本日の釣果は全長75cmほどのヒラスズキが1匹だった。佐田岬半島の瀬戸内海側でも、今日みたいな荒れていてサラシが広がっているような日には、青物だけでなくヒラスズキの可能性もあるんだなあ。ヒラタックルで本格的に狙っていれば面白いことになっていたかもしれない。

いい荒れ具合だったのに青物が釣れなかったのは残念だった。けどヒラスズキも出世魚! 縁起のいい魚で2015年の釣り納めになるのかな? それとも最後に青物が出るかな??

m_a2r.gif The Black Fin ~ヒラスズキフリークのためのバイブル
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/182-51d280e9