つりつり。 ホーム » アジング » 佐田岬半島でメガアジ45cm!

佐田岬半島でメガアジ45cm!

月はやや大きいが、空は曇天なので月の光量は問題無し! 絶好のアジング日和なので、ちょいと出撃してみることにした。

瀬戸内海側は北西風が強いので、佐田岬半島の宇和海側で竿を出す。……しかし、今の時期の鉄板ポイントであるにもかかわらずアジはまったくヒットせず。リリースサイズのメバルのみが果敢にアタックしてくるだけなので、30分くらいで場所移動することに。

と、今はもう12月。そろそろ瀬戸内海側の某所にて良型アジが接岸していてもおかしくない時期だ。果たして現地に到着すると、強風にも関わらず何人もの釣り人が。良型の期待が高まるも、まずは確実におみやげを確保するため、中型アジの溜まりやすいポイントで竿を出す。ジグヘッドが2gや1.5gだと反応が悪いが、1gに変えたとたんいい感じにヒット連発。瞬く間に全長20cmほどの中型を6匹ほど確保。こいつらは味醂干しにしておいしくいただくことにする。

さて、本命の良型ポイントだが……さすがにどこも先客で埋まっている。しょうがないので、あまり竿を出したことの無い期待薄なポイントでキャストしてみることに。

……第1投で、何やら妙な感触あり。軽く合わせるとギギギギ〜ッとドラグが鳴る鳴る。おおっと思った瞬間、フックアウト。これは粘る価値あり! ジグヘッドを、逆風に負けないように2gに変更して、フルキャストを続ける。

何投したろうか、足下付近まで寄せてきたあたりでグモモモッと重くなり、ロッドに心地よい生命反応が伝わってきた。アワセを入れてファイト態勢に入ったのだが、またもフックアウト。ぐぬぬ……。

それでも負けじとキャストを続ける。俺の立ち位置だと、強い北西風は向かい風になる。上半身の防寒はバッチリなのだが下半身の防寒がおろそかだったため、寒くて寒くてたまらない。しかしそんな中、三度目のアタリを検知! 今度はかなり強めにアワセを入れてやった。正体不明の魚体は、強烈な引きだがエラ洗いはせず、ドラグを鳴らしながら右に左に走り回る。良型アジの典型的な暴れ方に、思わず寒さを忘れてニンマリ。

20151205.jpg

釣れたのは全長45cmほどの堂々のメガアジ! 去年に引き続き今年も釣ることができ、うれしい限りだ。

もう少し粘りたかったところだが、寒いのと明日朝のショアジギの場所取りのため、ここで終了。今夜の釣果は、全長20cmほどの中型アジが6匹と、全長45cmのメガアジが1匹だった。40cmを超えるアジになると、かなり強くアワセを入れないと上あごを貫通してくれないっぽい? 中型アジのような感覚で合わせるとフックアウトしてしまった。軽く合わせてヒット確認→強く追いアワセして確実にフッキング! という感じか。

どうもこの近辺で良型アジが回遊してきているようだ。また来週あたりに攻めてみてもいいかもしれないな。さて、翌朝は毎度おなじみショアジギング。1年以上青物を拝んでない俺に、ようやく光が射してきた。ショアジギの記事は明日……。

m_a2r.gif reins(レイン) ルアー アジアダー #158 必殺イワシ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/178-584bc0a1