つりつり。 ホーム » アジング » 長浜町でアジング調査!

長浜町でアジング調査!

佐田岬半島におけるショアジギングは俺以外の釣り人によく釣れる状況なので、今まで釣れてない人やショアジギ初心者の方は今がチャンスみたいな感じだ。ちなみに俺はというと、ほぼ毎週出撃しているにもかかわらずまったく釣れておらず、かれこれ1年以上釣ってないどころかフッキングすらしていない状況。一緒に行ってる友人たちはガンガン釣ってるんだけどな……。どうも俺に釣れるのはアジかモイカくらいのようなので、今まであまり試したことのないポイントでのアジング調査をしてみることにした。

というわけでやってきたのは長浜町。長浜町のアジングといえば、個人的にはゼンゴアジしか釣れない印象だったのだが、最近は尺アジが釣れるなど好調らしい。長浜町といえば海岸線に無数に点在する小磯! 道路からすぐに降りられるようなお手軽ポイントで、道路の灯りが漏れて海を照らしていたり、あるいは灯りの無い真っ暗ポイントがたくさんあるので、そんなとある小磯に陣取ってみた。

まずは1.0gのジグヘッド単体でクリアカラーのアジアダーを投げてみる。……数投で全長15cmくらいのゼンゴアジがヒットしたので、即座にリリース。少し遠投した方がいいかもと思い、ジグヘッドを1.5gに変えてラメ入りアジアダーに付け替えて、フルキャスト! ……ほどなく、全長20cmちょいの中型がヒットした。遠くを狙った方がいいようなので、ガンガン投げてみる。

20151121_01.jpg

だいたい全長20cmから25cmくらいの中型アジが反応良くヒットしてくる。あまり水深のないポイントなので、沈めすぎるとすぐに根掛かりしてしまう。なるべく遠くまで投げて、表層や中層を攻めるのがよいようだ。写真は撮っていないが、全長15cmほどのリリースサイズのメバルもヒットしてきて、メバルシーズンが楽しみになってくるエリアでもある。

20151121_02.jpg

というわけで1時間ちょっとで長浜町での調査完了。この後は佐田岬半島の鉄板アジングポイントで竿を出してみたのだが、こちらはまったく無反応……。本日の釣果は、全長20〜25cmほどの中型アジが7匹だった。

キャロやスプリットショットは持ってきてなかったので試してはないけれど、なんだか遠投すればするほどサイズアップしてきそうな感じだった。本日最長寸の25cmは、いずれも遠目で一発目のフォールや誘い始めのときにヒットしてきた。

わりと近場でこんなに反応いいアジングができるとは思わなかったので、これは嬉しい誤算だった。長浜とか保内とかでもいろいろ調査してみないといけないな。中型アジは刺身にするにはちょっと面倒だが、なめろうにするにはぴったりなのだ。今日の釣果も早速なめろうにして日本酒と一緒にいただいてみたが、最高だった。近場でのアジングが開拓できると、しばらく酒の肴には困らないっぽい。また今度行かなければ!

m_a2r.gif アジングJAPAN最前線2015-2016
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/177-8b6de3e7