つりつり。 ホーム » 釣った魚を料理! » カマスのみりん干しを作ってみた!

カマスのみりん干しを作ってみた!

さて、今年も某所でよく釣れた良型カマス。いっぱい釣れるので、このサイトなんかを参考にしてみりん干しにしてみることにした。結果なかなかおいしく作れたので、来年のために作り方を記録しておくことにする:

1.カマスを3枚におろし『腹骨』を削ぎ落とす。

20150228_c01.jpg

このとき中骨』は取らなくても大丈夫。指で触れたら骨があるとわかるが、全長30cmほどのカマスだと食べるときにはまったく気にならない。また、皮も剥ぐ必要は無い。むしろ皮付きの方がおいしそうに見える。

2.醤油:味醂=1:1の比率で漬けダレを作り、1でおろしたカマスの身を漬け込む。

20150228_c02.jpg

漬け込む時間は2時間くらい。出来上がりの塩辛さを抑えたいなら、この漬けダレに大さじ1の砂糖を加え、よく混ぜてから漬け込むと、マイルドな味になってこれもおいしい。
ちなみに、上の写真では身の方が上を向いているが、皮の方を上にした方がよく漬かる。後で気づいた(^^;)

3.漬け込んだらキッチンペーパーで水気を取り、ごまを振りかけて、2〜3時間ほど日陰で干す。

20150228_c03.jpg

魚干し網があると便利。干すのは風通しのよい場所が良く、室内干しはあまりよろしくない。風通しの悪い場所だと2〜3時間ではまだ身が乾ききっていなかったりするので、その場合は干す時間を長めにする。

4.炭火なりトースターなりで焼いたらできあがり!

20150228_c04.jpg

ビールが止まらなくなるのでマジ注意。保存したいときは、干した後、焼かずに冷凍する。

……とまあこんな感じで、わりと簡単に作れてしまう。今回はカマスで作ったけど、同じ作り方でアジやタチウオでも作れるはず。食ったら美味いし、冷凍保存もできるのでかなり良い! 干物バンザイ!! 釣った魚を肴にして酒を飲むというのは、ほんと釣り人の特権やなあ(^_^)

m_a2r.gif 魚を一尾、さばけたら!?―濱田美里のお魚教室
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/170-814be342