つりつり。 ホーム » ロックフィッシュ » オオモンハタを釣りに愛南町へ!

オオモンハタを釣りに愛南町へ!

せっかくのお盆休みなので釣り三昧の休日を楽しみたいのだが、このところずっと天候が悪く、海はどこも水潮気味。夏モイカとか狙いたかったのだが、水潮では期待薄……けど何か釣りたい……今は夏……ロックフィッシュ狙おう!

というわけで愛南町へとやってきた。狙うは、南予特有の良型ホゴとオオモンハタ! ちょうど調査してみたい地磯もあったので、そこへ向かう。今日は天気が良く、暑いので、日中に地磯に降りているのは俺しかいなかった。

この地磯はシャローとドン深が混じった地形。足下付近は根が厳しいが、遠投するとゴロ石混じりの素直な海底っぽい。ロックフィッシュにも、エギングにも良さそうなポイントだ。釣座もいろんな所に確保できるので、多少釣り人が居ても十分快適に釣りができそうだ。

さて、せっかく愛南町まで来たのだから、狙うはオオモンハタ! テキサスリグにアピールカラーのカーリーテール系のワームを付け、ボトムトレースするようにスイミングで誘ってみる。……1時間程やってみたが、無反応。

ワームをナチュラルカラーのホッグ系ワームに交換し、ボトムバンプで攻めてみる。……ヒット! だが、釣れるのは手のひらサイズのホゴやオオモンハタ。

しかし、地磯をあちこち移動しながらひたすらボトムを狙っているとついにまあまあの手応えが!

20140817_01.jpg

釣れたのは全長20cmちょいのオオモンハタ! なんとか本命のキープサイズを釣ることができた!

20140817_02.jpg

続けて、やはり全長20cmほどのキープサイズのホゴがヒット!

狙い所の多い地磯だが、「ここらへんを狙うとよく釣れる」という傾向がわかってきた。次にここに来る時は、時間帯を見計らって今日のポイントを重点的に攻めてみよう。

テキサスリグでロックフィッシュを狙う場合、アタリは小さく出ることが多い。少しでも違和感があれば大アワセで聞いてみるべき。巻きアワセだと高確率でバラシてしまう。不発でも、そのままテンションフォールに移行すればよいのだ。合わせたら、ゴリ巻きでもポンピングでも何でもいいから、とにかく早くボトムを切る! モゾモゾっとしたアタリを感じて「ん〜、今のは何じゃ〜?」などと悠長なことをやっていれば、あっという間に根に潜られて、それっきりどうしようもなくなる。

20140817_03.jpg

とまあ、地磯の新規開拓も兼ねたロックフィッシュゲームはこの辺で終了。小さいけど本命も釣れたし、楽しめた。もう少ししたら秋モイカを狙いに再度このあたりを攻めてみる予定なので、そのときにもう一度ここでオオモンハタを狙ってみよう。秋になって少しはサイズアップしてるかも!? 楽しみなポイントが増えたなあ(^_^)

m_a2r.gif 根魚釣り 虎ノ巻
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/155-dc9ee2be