つりつり。 ホーム » その他フィッシュイーター » ちょい投げキス釣りを様子見してみた!

ちょい投げキス釣りを様子見してみた!

春から夏への移行期間である今頃、キス釣りもぼちぼちシーズンインし始めているようなので、去年覚えたちょい投げキス釣りで調査してみることにした。

やってきたのは長浜町。去年は明るくなってから食いが活発になったので、午前6時半頃から釣り開始。

ちょい投げして底を取り、ゆっくり引いてくるとやはり今年もコンコン、コツン、とアタリが頻発。が、少々迫力不足のアタリで……ポロリさせずに抜き上げたキスは、全長10cmほどのリリースサイズ。たまに『ゴツン!』と強烈なアタリもあるのだが、俺の腕が悪いのでヒットには至らずorz

20140506_01.jpg

それでもなんとか、ポツリポツリながらキープサイズも確保。これくらいのサイズは、去年は足下付近でヒットすることが多かったのだが、今年はなるべく遠投して岸から遠いところでヒットすることが多かった。リトリーブスピードも、デッドスローだったり歩く速度くらいだったりと、なんかコロコロとパターンが変わっていく。そしてやっぱり大事なのがゴカイのイキの良さで、ちぎれかけてぐったりしているやつを使っているとなかなか反応せず、ウネウネと元気よく動いているやつを使うとぐっと好反応になった。まあエサ取りも増えるわけだけど。

20140506_02.jpg

とまあこんな感じで調査は無事終了。本日の釣果は全長20cmまでのキスが4匹だった。ピンギスも数匹釣れたが、全部リリースした。去年は午前8時を回ると極端にアタリが減ったのだが、今年は9時近くになってもまだアタリが続いた。長く楽しめるのはいいことだ。

これからキスはさらに本格化していきそう。型も大きくなっていくかな。数百円の出費でほぼ確実に釣果を残せる貴重な釣種なので、今年もしっかり楽しんでおこうと思う(^^)

m_a2r.gif 矢野勝彦のキス引き釣りの極意
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/149-574cd5c5