つりつり。 ホーム » エギング » 愛南町で夏エギングなんとか成功!

愛南町で夏エギングなんとか成功!

今年の春エギングは惨敗と言っていい結果だったので、最近ちょっとモイカの味に飢えていた。できれば秋サイズではなく、夏っぽい中型〜大型のモイカを釣りたい。というわけで愛南町に向かうことにした。実は愛南町でもモイカのいい話はあまり聞かないのだが、今の時期に良さそうなポイントを1つだけ知っているので、そこに賭けてみることにしたのだ。

午後2時頃に現着。果たして、釣り人は誰もいない。ラッキー♪と小躍りしながら釣座を確保。幸いにして雲が多く、夏の強烈な日差しを少しは和らげてくれている。それでも麦わら帽子をかぶり、首にタオルを巻いて、釣り開始!

夏は暑いのが嫌だが、意外にも日中エギングで、しかもディープエリアではなくシャローで好釣果を上げられることが多い気がする。ここも水深浅めのポイントなので、エギもシャロータイプの3.5号を使ってみる。あちこちキャストしていた午後3時前、忘れかけていたズシッというアタリが!

20130714_01.jpg

釣れたのは胴寸25cmほどのまあまあサイズ。食べて一番美味しいサイズだ。秋サイズとは明らかに違う重量感を感じることができ、とりあえず満足(^_^)

さらにこの1時間後、胴寸20cmほどの秋の良型サイズもゲット。どちらも、HPSJを数発入れた後のテンションフォールでヒットした。ヒット連発とはいかないが、わりと活性の高いモイカがうろついているようだ。ついでにいうと、ここは潮が左から右へ流れているのだが、そのシモ側(ここでいう右側)に投げたときにヒットした。流されてきたベイトを下流で待ち構えて捕食している、という感じなんだろうか?

そうこうしているうちに潮止まりを迎え、下げから上げ潮に転じた。陽もだいぶ傾き、夕マズメの時間帯を迎えて、エギングのもっとも良い時間帯なのだが、日中に釣った2匹以降はちっともアタリ無し。と、上げ潮に変わって、流れの方向も逆になっていることに気づいた。というわけで今度は左方向(流れの下流側)に向けてキャストしてみる。ボトムネチネチでは反応がなかったが、午後6時過ぎ、やはりHPSJ連発後のテンションフォール中に、ラインをぐいぐいっと引っ張る積極的なアタリが出た!

20130714_02.jpg

釣れたのは胴寸28cmほどの、1kgに届くか届かないかくらいのサイズ。けどまあ良型だ。固めに設定しているドラグも少しは鳴ったし、良しとしよう。

ここからゴールデンタイム開始か? と思いきや、またアタリは遠のいた。時間帯はいいが、だいぶ疲れてきたので納竿することにした。

20130714_03.jpg

本日の釣果は、胴寸20〜28cmほどの食べごろモイカが3杯だった。渋い渋い今シーズンのエギングで、まあなんとかこれだけ釣れたんだから、俺としては合格だ。日中でもヒットさせたというのがうれしい。しかし本来はマズメ時や夜の方が反応はいいに決まっている。涼しいし。夕マズメから夜にかけての釣りはあまりしたくないのだが(その時間帯は飲むためにある時間w)、次はがんばって夕マズメから狙ってみようかなあ。

m_a2r.gif キロアップ捕獲の絶対法則
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/132-210a89fe