つりつり。 ホーム » その他フィッシュイーター » なんちゃってキス釣りを楽しんでみた!

なんちゃってキス釣りを楽しんでみた!

春から夏への移行中のこの時期、陸っぱりルアーフィッシングの世界ではいまひとつ釣れる魚に恵まれない。春エギングは不調で、釣れないことはないけど寝てた方がマシというレベル。他の魚種も似たような感じで、梅雨明け後の本格的な夏の釣りを待ち望んでいる状態だ。

そういうわけで、釣具のジャンプ大洲店で「なんか良い獲物はおらんですかね〜」などと訊いてみたところ、キス釣りが面白いですよ、と教えてもらった。アジ or メバルタックルまたはエギングタックルに小さな天秤状のシンカーを付け、市販のキス仕掛けを連結し、ルアーではなくゴカイを使う釣りだとのこと。ゴカイみたいなソフトルアーも存在するけど、本物を使った方が圧倒的に釣れるらしい。まあそりゃそうだろうなあ(^^;)

餌を使ったキス釣りなんて10年ぶりだし、今の時期はもうシーズンインだ。まだピンギスが多いが20cmクラスも混じるらしい。かなり興味を惹かれたので、このお手軽キス釣りを試みることにした。装備を整え、やってきたのは大洲市長浜町の某所。午前5時過ぎだが、おそらくキス狙いと思われる大勢の釣り人が本格的な投げ釣り装備で竿を出している。「キス釣れてるみたい♪」と喜んだものの、明らかに場違いなエギングタックルでこの場に臨んだ俺は少々申し訳なく思い、投げ釣り師の邪魔にならないようにすみっこの方で釣らせてもらうことにした。

さて、このなんちゃってキス釣りではその装備からして遠投ができない。せいぜい20mくらいのちょい投げで、底を取り、ゆっくり引いてくるという釣り方で、要するにキスの引き釣りをすごく小規模でやっている感じだ。さっそく投げて、ボトムをゆっくりと引いてみる……コンコン、コココン! という妙なアタリがずっと続く。上げてみると全長10cmちょいのピンギスが釣れていた。リリースサイズだが針を飲み込まれているので、しょうがなくキープ。ピンギスとはいえ、一応この釣り方で釣れるというのがわかったので一安心。

さて、続けてボトムを探っていると、数投に1回はゴン! という大きなアタリがある。しかし、そこでびっくり合わせしても何も釣れていない。太古の記憶を思い起こしてみると、これぞまさにキスのアタリだ。キスはまず餌をついばんで跳ね上げ、そこに食らいつくのだ。……確かそうだったと思う。というわけで、初回の強いアタリは無視してスローリトリーブを続けてみると、ゴン! ……ゴンゴンゴン!! という具合に完全に針掛かりさせることに成功!

20130526_01.jpg

釣れたのは全長20cmにわずかに届かないキープサイズのキス。キスはその華奢な魚体からは想像もつかないほど強い引きなのだ。釣り味はかなり良いので、投げ釣りでキス狙いが人気なのも理解できる。

で、キスだが、このなんちゃってキス釣り仕掛けへの反応がむちゃくちゃ良い。午前7時前後には1キャスト1ヒットという状況だった。針を飲み込んでいない小型はすべてリリースしたが、全長20cm前後のキープサイズも数匹確保することができた。ヒットしたけどバラシてしまった回数はもう数知れず。この釣りは、アタリの数は多いのだけど合わせるのが難しいのだ。午前8時を回ると極端にアタリが減り、キープサイズをゲットできたのは1匹のみ。その後も場所移動しつつ頑張ってみたけど、釣れるのがクサフグとドブゴチだけになってきたので、午前10時過ぎに納竿した。

20130526_02.jpg

本日の釣果は、全長10〜20cmほどのキスが7匹だった。マズメ時〜午前7時過ぎくらいのアタリの多さはかなり楽しめる。合わせるのさえうまくいけば、もっと釣果が伸びたのではなかろうか。こんなお気軽タックルでこんな楽しい釣りができるなんて、いい意味で予想外だった。キス釣りはまだまだ始まったばかりだし、これからサイズも反応もどんどん良くなってくるはず。ちょっとハマってしまったかも☆

m_a2r.gif 見てわかる!シロギスの投げ釣り
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/129-1c910b4a