つりつり。 ホーム » その他フィッシュイーター » カマス40cm超の捕獲に成功!

カマス40cm超の捕獲に成功!

何やら大洲の南で40cm級のカマスが釣れているとのこと。春モイカもいいが、刺身サイズのカマスというのもなかなか面白そう。カマスの刺身って食べたことないし。というわけで、ちょっと巨カマス調査をしてみることにした。釣具のジャンプ大洲店の丸山店長にアドバイスをいただき、おすすめルアーを買って、一路ポイントへ。

午前4時過ぎに現着。海を覗き込んでみると、ヒラスズキ様が辺りを睥睨しながら悠々と泳いでいたり、キープサイズ春モイカの群れ(表層付近に300〜700gくらい。底の方にキロアップ!)が押し寄せてきてたりと、凄まじい状況だ。こりゃ絶対何かは釣れるやろ〜♪ なんて思いながらエギやらミノーやらを投げていたのだが、結局何もヒットせずorz

マズメ時を無為に過ごしてしまい、しばし呆然としてから、気を取り直してカマス狙いに本腰を入れる。使用ルアーは……アイスジグ! これをちょい投げし、F8させながら引いてくるというのが鉄板らしい。本当ならメバルタックルやアジングタックルで攻めるのがいいのだろうけど、俺はどちらも持ってないので、エギングタックル(PE1号+ナイロン2.5号)で戦い抜くことにする。

とりあえず見えカマスはぼちぼち居るようなので、そのへんにキャスト。まずは表層から、F8で軽快に踊らせつつじわじわと寄せてくる。するとすぐにヒット!

20130317_01.jpg

釣れたのは普通に良型の、全長30cmほどのカマス。午前7時前にヒットした。カマスは明るくなってからが本番みたいだ。この後、同様の攻め方で同じサイズを数匹ゲット。表層で反応が無くなったら底まで沈め、それでもダメならルアーの色を変えてみる。なんせカマスはルアーを見切るのが早いので、同じ重さのルアーでも色違いで複数そろえていた方が良い。

どうにもアタリが遠のいてきたら場所移動。見えカマスが居るのを発見したらまずキャストしてみるとよい。俺の他にもカマス狙いのアングラーがおり、アジングで使うようなジグヘッド+ソフトルアーで釣り上げている人もいた。ソフトルアーへの反応も良さそうなので、いろんな攻め方をしてみる必要がある。

いろいろ釣り歩いたが、釣れるのは全長30cm前後の、まあ佐田岬半島でもお目にかかることのできるサイズばかりだ。40cm級はどこにいるのだろうと思いながらやってきた最後のポイント。時刻はもう午前10時を回っている。ここで一通り釣ったらもう帰ろうと思いながらアイスジグをキャスト。ボトム〜中層でF8させていると、ルアーを横凪ぎに襲う白刃のような魚影が! そしてギリギリ鳴り出すドラグ音! 明らかに今までよりも大きなカマスがヒットし、ルアーをくわえて大暴れしている。しかしそこはエギングタックル。余裕を持ってやり取りすることができた。

ヒットしたのは全長40cmほどの、お目当てのサイズのカマスだった。続けてキャストすると再び同じサイズがヒット! さらにもう一匹ヒット! 最後の最後で3連発が来た。しばらくしてさらに1匹追加できた。

20130317_02.jpg

午前11時を過ぎたあたりでいい加減疲れてきたので納竿。本日の釣果は、全長30〜42cmのカマスが11匹だった。

今日投げたのはアイスジグ、スプーン、ミノー、ジグ、スピンテールだったが、反応が良いのは『アイスジグ > ミノー >> ジグ > スプーン >>>>> スピンテール』の順だった。ミノーはかなり反応が良く、キャストすれば10匹近くがチェイスしてくるのだが、食わせることができなかった。上手い人ならこれで釣果を伸ばせるはず。アイスジグは安定で、まず間違いなくヒットに持ち込むことができた。スプーン、ジグもまあチェイスはしてくるが、ヒットには至らない。スピンテールは投げるだけ無駄だった。

アイスジグのアクションは、ロッドを小さくちょんちょんと動かす方法と、90度くらいの角度で大きめにしゃくる方法とがある。小さなアイスジグの時は小刻みに動かし、大きなアイスジグの時は大きく動かす、というのが良いようだ。じりじり追いかけてきてリアクションバイトしてくるのがほとんどだった。ルアーの色も重要みたいで、グリーン/オレンジ/白/金には好反応だったが、ブルーには見向きもしなかった。ここらへんのパターンが今ひとつ掴みきれないなあ。

まあでも楽しい釣りだった。春といえばエギングだが、40cm級が釣れるのならカマスゲームも面白い。なんといっても夜ではなく、日中に釣れるというのが嬉しい。近いうちにもう一度行ってみたいなあ。というか、アジングタックルをそろえて、それで攻めてみたくなった。う〜ん、金ないけど、どうしようかな〜。

m_a2r.gif Rapala(ラパラ) ジギングラップ3 W3
関連記事
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-07-08 10:53 │ from URL

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/127-44d5c51d