つりつり。 ホーム » ショアジギング » 佐田岬半島にはダイビングペンシル必携で!

佐田岬半島にはダイビングペンシル必携で!

最近は友人たちとなかなか休みが合わず、入れ替わり立ち替わり誰かが佐田岬半島で釣っている状況だ。で、共通するのが「ヤズが多い」ということ。ハマチサイズも混じるようだが、メインは40〜50cmくらいのヤズとのこと。ただ活性は高く、ルアーへの反応も良いらしい。なので、俺もちょっとヤズと遊びたくなってきた。

やってきたのは佐田岬半島先端付近の、瀬戸内海側の地磯。初めて降りる場所だ。すでに下見は済ませており、今日は調査も兼ねた釣行だ。

午前5時半頃から釣り開始。トップ狙いなのでポッパーを投げてみる。今日は北東の風7〜8mで、波はほどよくうねりがある。いかにも何か釣れそうな雰囲気ではあるのだが、ポッパーには反応無し……。

そこで登場するのがダイビングペンシル。ローデッドをぶん投げて様子を見てみる。しばらく投げ続けていると、それを追いかけてくる波しぶきを確認。ダイビングペンシルには反応するようだ。そしてヒット! ……しかし、ちょっと迫力不足な感じ。足下まで寄せてきたら、釣れたのは全長40cmほどのヤズであることがわかった。なんか小さいしどうしようかな〜と、抜き上げずに考えていたら急にジタバタし始め、フックアウト。特に気にせず、釣り続行。良い時間帯になってきたようだ。

このすぐ後に再びヒット! ……さっきよりは大きいが、やはりハマチサイズには届かない。

20121008_01.jpg

全長50cmあるかないか、といったところか。午前7時頃釣れた。とりあえずキープ。

さらにこの後、間違いなくハマチサイズがヒット! ヤズではない手応えが楽しい。足下まで寄せてきて、全長60〜70cmであることを確認! しかし、ホクホク顔でずり上げようとしたら最後の抵抗を見せ、無念の針ハズレorz

気を取り直してキャストを続けるとまたもヒット! だがこいつも全長50cmほどのヤズだった。

ここまで、すべてローデッドでの釣果。ポッパーには反応悪かったのに、ダイビングペンシルでは良く釣れた。アクションは、強めのショートジャーク数発で海面を右往左往するかのようにばしゃばしゃ泳がせたあとのポーズ。逃げ惑う魚を演出してから止めて誘う、という動きがいいようだ。

午前7時半過ぎくらいまで、頻繁に追いかけてきたりショートバイトしてみたりと、結構な反応だった。しかしそれ以降はぱったりアタリがなくなってしまった。

20121008_02.jpg

というわけで、本日の釣果は、全長50cmあるかないかのヤズが2匹だった。高活性だったが、バラシも多かったのが残念……。けどまあ、なかなか楽しかった。ハマチサイズが釣れないわけでもなかったし。前々回前回に引き続き、とりあえず釣果を挙げられたのはいいことだ。しかしなんというか……徐々にサイズダウンしてないか、俺!?

m_a2r.gif マリア ローデッド F180
関連記事
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-10-08 17:32 │ from URL

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/120-af32ac47