つりつり。 ホーム » エギング » 愛南町で秋エギングを満喫してきた!

愛南町で秋エギングを満喫してきた!

9月になった。陸上ではまだまだ夏の気配濃厚なのだが、海の中は少しずつ変化しているようだ。例年9月に入ると、キープサイズに育ったモイカが、宇和海の南の方から順次釣れ始める。というわけで、愛南町で秋モイカを狙ってみることにした。

午前4時過ぎ、愛南町の某堤防に到着。まだ暗いうちからしゃくってみようかとも思ったが、青物や良型根魚との出会いがあるかもと欲が出て、ついついショアジギングで時を過ごす……まあ無為な時間になってしまったわけだがorz

もういいかげん明るくなってきた午前6時頃から本格的にエギング開始。あまり小さいのを釣ってもしょうがないので、使うのは3.5号のエギのみにする。遠投して1段〜2段シャクリで寄せてくるといきなりヒット!

20120909_01.jpg

釣れたのは胴寸15cmあるかないかの秋サイズ。初秋の平均的な大きさだ。ますは1杯、キープサイズを確保できたので一安心。

と、このあと1キャスト1ヒットが2連続! なかなかの高活性だ。アタリが少なくなるとエギチェンジで、再度アタリ復活! 釣れるのは胴寸15cm前後ばかりだが、これほど簡単に釣れてくれると楽しくて仕方ない。

明るくなってからも、回遊魚の誘惑に負けてついついジグやらミノーやらを投げてみたりしたのだが、結局何も釣れず。そのかわりモイカはいい感じに釣れ続く。結局この堤防では秋サイズを7杯ゲットして、場所移動。

次にやってきた堤防ではすでに何人かの先客がいた。疲れたし、日も高く上がっていることから、もう帰ろうかとも思ったが、せっかく来たんだし、ちょっとだけ試してみることにした。何回かキャストしてみるが、特に反応無し……と思いきや、この時期にしてはまあまあ良型のモイカがエギを追跡してきている! が、足下近くまでついてくるだけで、エギに抱きつきはしない。ならばと、HPSJ8連発後のカーブフォールで誘ってみると、ぐいぐいぐいんっと明確なアタリが来た!

20120909_02.jpg

ヒットしたのは胴寸20cmくらいのモイカ。午前9時くらいに釣れた。キロアップには全然届かないものの、秋サイズを見慣れた目には十分良型に見える。食いでがありそうだ(^_^)

しかし、こいつを釣った所でいいかげん疲れてきたので納竿。本日の釣果は、胴寸15前後〜20cmくらいのモイカが8杯だった。

20120909_03.jpg

いろいろな釣りに浮気しながらのエギングだったのが今では悔やまれる(^^;) ランガンしながらエギング一本で攻めていれば2桁は釣れたかも。とにかく、愛媛の秋エギングはいい感じで開幕したようだ。宇和海はしばらくにぎやかだろうな。瀬戸内海側はさすがにまだ早いか? 地磯なら可能性もありそうだが……。

m_a2r.gif エギング最強攻略 3 DVD映像137分!春のデカアオリ、秋の数釣り
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/117-6d8f858f