つりつり。 ホーム » その他フィッシュイーター » 夏恒例のカマス祭り+外道シーバス!

夏恒例のカマス祭り+外道シーバス!

いやぁ、今年はイカも何も全然釣れないんでやんの。南予方面やら佐田岬半島やらを暗いうちからウロウロしてはみるものの、基本ノーフィッシュ/せいぜい秋サイズのちびモイカ1杯だけ……という寂しい釣果ばかりだった。

そうこうしているうちに夏真っ盛りになってしまった。この時期に釣れるのはほどよく育ったカマス! 主に佐田岬半島宇和海側でよく釣れていた。今年の状況はわからないが、カマスならきっと釣果は堅いはず。ということで、カマス狙いのライトゲームを試みることにした。

やってきたのは佐田岬半島先端付近の、宇和海側の漁港。まだ暗い午前4時、まずは夏モイカを狙ってエギを投げてみる。……が、海藻が引っかかってくるだけで、何も釣れず。

何もないまま午前5時を回ってしまったので、本命のカマス狙いに移行。といっても、エギングタックルからエギを外して軽いスピンテールジグに付け替えるだけだ。できるだけ遠投して、主に表層を探ってみる。するとコツコツッというアタリが何度も発生! しかしフッキングには至らないので、スピンテールジグを7gから14gに変えてみて、フックも大きくしてみた。するとようやくフッキング成功!

20120728_01.jpg

釣れたのは全長25cmほどの、いい感じのカマス。これを皮切りにヒットが続く!

釣れるのはだいたい25cmくらいだが、ときどき20cmくらいのも混じる。まあキープサイズではあるのだが、25cmが釣れるのだから、小さいのはできるだけリリースすることにした。明け始めの時間帯はほぼ間違いなく25cmクラスが釣れるのだが、日が高くなるにつれて20cmクラスが混じるようになってきた。ちなみにヒットパターンは、すべて表層付近のスローな棒引き。

ちなみに、ふと思い立ってボトム付近を狙ってみた午前6時頃、なにやらモゾモゾっとしたアタリがあった。重い。海藻かと思ったが、時折抵抗するのでどうやら魚らしい。カマスならモンスター級の重さだが……

20120728_02.jpg

正体は全長50cmちょいのシーバス君だった。14gのスピンテールジグなんか丸呑みだ。それにしても元気のないやつで、シーバスらしい派手なファイトは見られなかった。

午前6時半を過ぎると極端にアタリが少なくなった。どうやらカマスの潜んでいるポイントが変わったようで、自分の釣座からはキャストしにくい方向に投げてみると、まだまだアタリは健在だった。

午前7時頃にラインを噛み切られたので、もう納竿にした。本日の釣果は、全長25cm前後のカマスが5匹と、外道で釣れちゃったシーバス1匹だった。

20120728_03.jpg

イカは全然釣れなかったけど、食べておいしいカマスの良型の反応はかなり良かった。外道のおみやげも追加できたし、今まで釣れなかった分の運が回ってきたのだろうか。いよいよ本格的に夏モイカを狙ってみるべきかな。暑いけど日中のタコ釣りも良さそうなんよなあ。熱中症に気をつけて、今年の夏の釣りをもう少し楽しみたいなあ。

m_a2r.gif 簡単!海のルアー釣り“夏っ”
関連記事
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-07-29 18:33 │ from URL

トラックバック

http://tsuritsuri.blog44.fc2.com/tb.php/115-5697ad63