FC2ブログ
つりつり。 ホーム » 

ハマチ捜索中!

前回の記事でショアジギロッドが折れたことを書いたが、なんとメーカー在庫があるとのことで、1週間で同じロッドを入手することができた。あとはこの2代目ロッドに入魂というか鱗付けをしてやるだけだ。そう思って佐田岬半島をうろついていたのだが、大物で鱗付けとはいかず、全長40cmほどのヤズで鱗付けとなってしまった(記事にはせず)。まあしかし、ヤズといえばこれからブリへと成長していく魚。これは今後大いなる発展・可能性を秘めた鱗付けになったのではなかろうか。うんうん、とっさに思い付いたにしてはなかなかいいこと言った。そういうことにしよう。さて、今日も青物を求めて佐田岬半島に出撃するのであった。

友人たちの釣果によると、最近の佐田岬半島では60cmほどのギリギリハマチが良く釣れているらしい。しかし、その海域は週末になると場所取りが難しかったりするのだ。そこで場所取り激戦区を避け、最近俺も友人たちもあまり行ってない海域へとやってきた。今シーズン序盤は好調だったこのエリア、11月の調子はどうだろうか。今朝は北東風が強いので、北東風でも釣りやすい立ち位置のある地磯へと降下する。

降りてみると適度に波っ気のある好ましい状況だ。ポッパー、ダイペンと、キャストを繰り返してみる。……しばらく反応は無かったのだが、潮止まりに近くなった午前6時半すぎ、ついにドバっと出た! ロッドにしっかり重みが乗ったので、合わせて格闘態勢に入ったら、フッと嫌な感じに軽くなった。どうしたことかとラインを巻いてくると、なんとリーダーが切れている……。傷でも入っていたのだろうか。

気を取り直してキャストを再開する。さっき出たポイントを中心にネチネチと攻めてみるが、反応は無い。と、5~6cmくらいのベイトが足元で跳ねるように泳いでいるのに気付いた。ベイトはおるんやなあ、なんて考えていたら、足元でガボッガボッとナブラ発生! 全長60cmほどのハマチが、何匹も何匹も俺のすぐ足元で捕食し始めた。ルアーを回収し、5mほどちょい投げしてゆっくり巻いたり止めたりしていると、がつがつとアタックしてくる! ……ところが、今投げているルアー(ラピードF160)に付けているフックはシングルフック。シングルフックといえば、掛かるとバレにくいが掛かりにくいという評判だが、案の定掛からない。アタックしてきたハマチに弾かれてすっ飛ばされる始末だ。そんなのを4~5回繰り返し、トレブルフックに換えようかと思い始めたころ、ようやく掛かった!

20191104_01.jpg

釣れたのは全長65cmほどのハマチだった。足元までベイトを追い詰め、そこで一気に襲い掛かったと思われる。それにしてもシングルフックの掛かりの悪さよ……。シングルフックのツインにしていればまた違うのだろうか? あのナブラの中を通して、アタックされてるのになかなか掛からないとは。ただでさえチャンスの少ない釣りなのに、これはちょっといただけない。今付けているシングルフックは全部トレブルフックに戻そうかなあ。

20191104_02.jpg

この後もしばらくやっていたが、もうナブラは沸くことなく、反応も無くなったので切り上げることにした。本日の釣果は全長65cmのハマチが1匹だった。

ベイト+ちょい荒れ、という鉄板の組み合わせが釣果をもたらしてくれた。ナブラ撃ちなんて久しぶりだ。あんな足元でもナブラが沸くんやなあ。あのベイトを追いかけている群れが狙い目だが、さて、次はどこに出没するのやら……。

m_a2r.gif オーナー針 STX-58 スティンガートリプルエクストラ
関連記事

ハマチの代償は大きかったでござる、の巻

3連休初日にやってきた台風19号は3日目ともなると愛媛県内にほぼ影響はなくなったので、早速出撃してみることにした。場所取りすべく前日の夜から佐田岬半島をうろついてみたのだが、俺と同じことを考えている釣り人は多いようで、有望そうなポイントはどこもすでに場所取りされている。移動を繰り返して、最近ご無沙汰になっていたポイントに来てみると誰も居なかったので、そこで場所を確保することにした。

最近の『釣れてる情報』からはだいぶ離れた場所にあるポイントなので釣れるかどうかわからないが、明け方スマホのニュースアプリで知ったラグビー日本代表の初の決勝トーナメント進出という勇敢な快挙に、ちょっぴり希望をもらって地磯に降下する。

まだ薄暗い時間帯から、まずはポッパーを投げてみる。……無反応だ。明るくなってダイビングペンシルに換えてみるが、やはり反応は無い。青物を過度に警戒させないように地味目の誘いを繰り返していたのだが、ちょっと目先を変えてみようとローデッドF180を投入し、表層を得意のドタバタアクションで派手に攻めてみると、ついにガバッと出た! ……が、乗らず。しかし派手に誘った方が良さそうなのでこのまま同じように誘い続けていると、またもドバっと出てきた! ……しかし、今度も乗らず!

三度目の正直とばかり、同じように攻め続けていたが、時間がたつにつれローデッドF180でも反応が無くなってしまった。なので今度はルアーのサイズダウンをしてみた。買ったばかりのヘッドディップ140Fを投入! ずんぐりむっくりのかわいいフォルムで、なかなか良く泳ぐ。足元で挙動を確認してからフルキャストすると、数投目でガツンと当たった!

ぐいぐいと引き込むような抵抗は実に心地よい。近くまで寄せてみると、ブリサイズとまではいかないが良型のようだ。ギャフが使える立ち位置だったが、なんだか抜き上げられそうなサイズにも見えてきたし、MANBIKA ver2 100XXHの抜き上げ性能も試してみたかったので、抜き上げにトライしてみた。まずは魚体を水面から引き上げるが、これはうまくいった。そこから抜き上げに入ったところ、このロッド特有の粘り腰というかしなやかさで、予想以上に竿が曲がり、なかなか魚を抜き上げられない。思わず竿を立て気味にあおってしまったのだが、これが不味かった。『パキンッ』という、乾いた不吉な音。哀れMANBIKA ver2 100XXHはフェルール部分から破砕してしまった……。

20191014_01.jpg

それでも魚は確保できた。しかし、なんとも高くついたハマチになってしまった。ロッキーショアパーガトリだったら竿のしなりと復元とで抜き上げられそうな感じだったのだが、まあロッドによりけりだろう。MANBIKA ver2 100XXHは、キャストやファイトでは実に素晴らしい能力を備えているのだが、唯一抜き上げだけは注意しなければならないようだ。というか、最初からギャフを使っていれば良かった。なぜ俺はこんな無謀な好奇心を発揮してしまったのか……。

20191014_02.jpg

というわけで、本日の釣果は全長85cmのハマチが1匹だった。釣れはしたが、失ったものがあまりにも大きい釣行だった。釣ったその足で八幡浜のきくち釣り具に行き、修理すると買い替えより高くつきそうとのことだったので、結局同じロッドを買い替えることにした。納品がいつになるのかは確認中だが、それまではサブロッドである旧パワーマスターで頑張るしかあるまい……。

m_a2r.gif のぼり旗 ハマチ祭
関連記事

長浜町でモイカ&青物!

今週末はちょっと用事があり、あまり遠出ができないので、佐田岬半島までは行かずに長浜~保内あたりで竿を出すことにした。10月に入ったのでもうそろそろこのあたりでも青物の回遊がありそうだし、それが無かったとしてもモイカは居そうだ。そんなことを考えつつ海岸線を走り、今までショアジギを試したことのない長浜町の地磯に降りてみた。

青物を狙う前に、まずはエギングでモイカの様子をうかがう。3.5号のエギをあちこちに投げていると、ヒット! 胴寸15cmほどの秋サイズモイカが釣れた。

とりあえず1匹確保したので、安心してショアジギを始めることにする。薄暗い時間帯なので先発はポッパーだ。風はそれほどでもないが少しウネリがある海。もし青物の回遊があればトップに出てきそうな感じだが……マズメ時には何も無し。明るくなってからはダイビングペンシルに換えて投げ続けたが、やはり反応が無い。休憩を兼ねてエギを投げてみると……さっきと同じくらいのモイカがヒット!

青物的には悪くない雰囲気だがトップには出てこないのかと、シンキングミノーやジグも投げてはみたが、やはり無反応だ。そして、気分転換にエギを投げてみるとやはり同じくらいのモイカがヒット。ほどよく育った秋サイズモイカはわりと好反応なようだ。

20191006_01.jpg

そんなこんなですっかり明るくなった午前8時半頃、もうモイカはいいので青物に集中しようとダイビングペンシルを投げていたらついにズバッと出た! しかし乗らず!! そんな大きそうな感じではないしもしかしたらダツかもしれんが、今日初めての反応なのでちょっとやる気が出てくる。しばらくすると再び反応があったが、今度は出てくるまでに至らず『モワンッ』と水面に波紋が広がるのみ。ううむ、なんか反応が良くなってきたのに食わしきれない……。

今日はややウネリがあるので、ミスダイブなどが起きないようにゆっくり確実にアクションさせていたのだが、それが逆に見切られる原因になっているのかもしれない。もう少しテンポよく、時には早巻きなんかしたりして、アクションのスピードを上げてやるとついにガツンとヒット!

わりと岸近くでヒットしたので少々暴れていたが、さほど苦労もせず寄せてこれた。海面近くまで引きずり出した魚体は、まあぼちぼちサイズといったところか。今日のロッドはMHクラスの中量級ロッドだが、問題なく抜き上げ成功!

20191006_02.jpg

釣れたのは全長60cmジャストのハマチだった。近場で釣れたら十分なサイズだ。MHクラスのロッドだとこれくらいのサイズがとても楽しくやり取りできる。

狙い通りに1匹ひねりだしたので、ここで納竿とした。本日の釣果は全長60cmのハマチが1匹と胴寸15cmくらいのモイカが3匹だった。

20191006_03.jpg

長浜町あたりでもこれくらいのハマチが回遊してきているようだ。マズメ時には無反応で明るくなってから反応が良くなってきた。モイカもそこそこ反応が良いようで、こちらは海岸線をランガンすれば数も出そうな感じだ。佐田岬半島はこれから場所取り合戦も激しくなってくるだろうから、ポイントに入れなかった時のためにこういう近場の開拓をしておくのはとても有意義だと思う。第一候補=佐田岬半島、第二候補=長浜~保内、というのが当面の釣行になりそうだ。……ああ、南の方も気になるなあ……。

m_a2r.gif ショアから狙う 回遊魚釣り入門
関連記事