つりつり。 ホーム » 

長浜町でショアジギング!

10月に入り、本腰入れて佐田岬半島をショアジギングで攻めてみようと思っていたら、長浜町あたりでも青物が釣れているらしいとの情報を得た。サワラ/サゴシも交じるとか。これは少し調査しておかねばなるまい! まだ暗いうちに長浜町の海岸線に点在する地磯のひとつに降下してみた。

サワラかサゴシも交じるのなら、暗い時間帯の先発はシンキングミノーかジグミノーだ。青物用のシンキングミノーを選択して、少しゆっくりめに誘ってみるが……牙物の姿は見えず。朝マズメを迎えたので青物狙いに集中する。

風は無く海は穏やかだが、潮はよく流れている。目の前に結構な潮目もできてたりして、なかなか雰囲気は良さげだ。

まずダイビングペンシルを先発で投げてみる。しばらく投げ続けているとチェイスするように小さなボイルが発生! おそらくヤズクラスだろうけど、青物らしき反応だ。しかしそれっきり反応が無くなったので、次はポッパーを繰り出してみた。

さっき小さなボイルが出た付近を、丹念に引いてくる。すると今度は先ほどよりも大きなボイルが発生! しかし乗らなかったので、さらにしつこくその周囲を攻めてみると、またしても大きなボイル発生!! ……が、これも乗らない。

食い気のある青物が目の前をウロウロしているのは間違いないので、これは魚と俺との知恵比べである。ポッピングの強弱・スピード・ステイの時間など、いろいろな組み合わせを試していると、今度こそヒット! ぐんぐんと元気のいい重みがロッドに掛かる。生命力に溢れた手ごたえを楽しんでから、ギャフを使う必要のないサイズであることを確認し(^^;)、抜き上げ成功!

20171008_01.jpg

釣れたのは全長60cm台のハマチだった。午前6時半前くらいにヒットした。それほど大きいわけではないが、長浜町の簡単にアクセスできる地磯でこれくらいの魚が釣れたら十分な気がする。

この後も、小イワシの群れが一斉に逃げまどったり、潮目がぐりぐり湧いたりしたが、2匹目を追加することは出来ず。お土産は確保したので粘る気概も無く、早々に切り上げることにした。

本日の釣果は全長60cm台のハマチが1匹だった。サワラ/サゴシにお目にかかることは出来なかった。最近は近場で竿を出すことが多いが、人気ポイント(佐田岬半島)以外のポイントを開拓するのはいいことだと思う。実際、保内と長浜では開拓成功と言っていいだろう。イワシの群れも居て何かに追われている感じだったし、今ちょうどホットなポイントなのかもしれない。でももうそろそろ佐田岬半島のどこかに入りたいなあ。場所取り競争頑張らないとなあ……。

m_a2r.gif ヒロセマンのショアジギング道場
関連記事

今年はもう青物始まったっぽい?

例年、秋になるとシーズンインするのが佐田岬半島のショアジギング。9月後半の今は夏だか秋だか微妙な時期だが、秋が深まるのを待ち切れなかったので青物狙いに出撃してみた。しかし、ちょっと遅い時間に出発したのもあるが、佐田岬半島の良さそうなポイントにはどこも人が入っている。しょうがないので保内町まで戻って空いている地磯に降りることにした。この時点で午前7時……。

すっかり明るくなった地磯で、まずはダイビングペンシルを投げる。と、一投目からドバドバッと何かがアタックしてきた! その魚体はやたら細長く……おそらくというか間違いなくダツ。ルアーが齧られてガジガジになってしまった。二投目もダツのアタック。ちょっと時間をおいてからキャストを再開すると、ようやくダツが出てこなくなった。だが青物の反応もない。潮はいい感じに流れているのだが、すっかり静かな海になってしまった。

何の反応も無い海に向かってルアーを投げ続けるのもしんどいので、休み休み、朝ごはんを食べたりしながらキャストする。時間は午前8時を回った。すると別行動で佐田岬半島を攻めていた友人から連絡が入った。なんでも90cmくらいのブリを釣ったとか! その周辺も人でいっぱいらしいが、反応はよかったとのこと。もうここは見切って佐田岬半島に移動しよう、ポイントに入れないなら漁港から投げたのでもいいや。そう判断してタックルを片付け始めたが、最後に2~3投しとこうとキャストすると、ズバッとヒット!!

やや緩めのドラグ設定にしていたのもあるが、糸がギュイ~ンと唸りながら出ていき、なかなか止まらない。そもそも今日のタックルは前回と同じくヤズ・ネイリ用のミディアムクラスのタックルだ。足場の悪い岩の上から投げていたこともあり、走る青物を力づくで止めようとすると転びそうになる。しゃがんで竿尻を腹に当て、隙を見てポンピングで少しずつ寄せてくる。根に張り付かれたかのように動かなくなるときがあるが、ラインを少し緩めて待つとまた動き始めるので、それを見逃さずさらに寄せてくる。見えた魚体はなかなかのサイズ! リアフックがわずかに掛かっているだけだったので、速攻でギャフを入れて確保!!

20170923_01.jpg

DSC_0133.jpg

釣れたのは全長90cmくらいのブリ! ダイビングペンシル(ラピードF160)に食らいついてきた。ラピードはやっぱ使える、釣れるルアーだ。

いいサイズを1匹釣ったので、ここで納竿した。佐田岬半島にはまた今度行ってみることにしよう。それにしてもまだ9月なのに佐田岬半島にあんなに人がいるとは思わなかった。そんなに釣れてるのか、それとも俺と同じく本格シーズンインを待ちきれなかった人たちなのか。今年の佐田岬半島も場所取り合戦が熾烈なものになりそうな予感だ(^^;)

まあ、もし佐田岬半島に入れなかったとしても保内町あたりのマイナー地磯には入れるだろうし、その海域でも十分釣れるというのは分かった。そういや去年も保内町で釣ったな。ポイントの選択肢があるというのはいいことだ。青物のシーズンは、もう始まったと見てよいかな。さてさて、次はどこを攻めてみようか……。

m_a2r.gif ショアジギング最前線
関連記事

愛南町でネイリ退治!

愛南町の各漁港では、ムラがあるもののネイリが好反応で、外道でオオモンハタも食いついてくるとのこと。夏の間ずっとこの情報を聞いていて、何回か調査には行ってみたのだが、どの漁港に行ってもちっともさっぱりだった。やはり地磯だ。俺には地磯しかない。暑い中で地磯への昇り降りはしんどいが、みんなが釣ってる愛南町のネイリを俺も釣ってみたいという欲望に駆られ、漁港ではなく某地磯への降下を敢行した。

出発が少し遅れたので、明るくなった午前6時くらいから釣り開始。展開したのは佐田岬半島仕様のガチタックルではなく、ルアー耐荷重60gまでのミディアムクラスのショアジギタックルだ。軽めのプラグ類ならこれで十分投げられるし、28~60gのジグも扱いやすい。そもそもネイリ狙いなので必要以上に強いタックルはいらんだろう。それに何より、この軽いタックルはすごく体に楽なのだ。

目の前の海はかなり流れが速く、60g程度のジグでは底を取ることができない。なのでトップメインで攻めることにする。ローデッドF140を先発で投げるが、反応無し。二番手のラピードF160を投げて、連続ショートジャークでパチャパチャやってると、ゴボゴボッと海面が沸き立った! ロッドにしっかり重みが乗ったのを確認して、ファイト開始! 元気よく走り回るが、ポンピングで難なく寄せてこれる。足元付近で根に突っ込もうとするがそれもいなして、抜き上げ完了!

20170910_01.jpg

釣れたのは全長40cmないくらいのネイリ! みんなが釣ってたターゲットをようやく俺も仕留めることができた。

1匹確保できたので、安心して試行錯誤タイムに入ることができる。青物用ミノーを投げてみたり、ジグで表層を攻めてみたり。アクションを変え、レンジを変え……。その結果、午前9時前くらいに同じくラピードF160で二匹目を追加できた。最も反応がいいのはダイビングペンシルのようだ。ポッパーにも反応が2回あったのだが、どちらもヒットには至らなかった。

午前10時頃になってもまだまだ反応は良いようで、ズバーンッと大きめな水柱が出たり(でも食いつきはしない)、巻き上げて回収中のダイペンを2~3匹のネイリが足元までチェイスしてきたり(でも食いつきはしない)……。何かに追われた小魚が一斉にザアッと轟音を立てて逃げまどったりしているのもよくあった。サイズはともかく、青物が回遊しているのは間違いないようだ。

20170910_02.jpg

本日の釣果は、全長40cm前後のネイリが2匹だった。狙い通りの獲物が狙い通りに釣れたのでうれしい限り。次にまた来ることがあれば、トップオンリーで攻めてみるのが効率良さそうだ。ちなみに今朝は、足元に2匹と沖合に別の2匹の、合計4匹のウミガメがず~っとウロウロしていた。この子らにルアーをひっかけたりしないように、よく注意しなければならない。ウミガメが居ない隙を狙ってキャストするというハイエナ釣法が有効だ(^^;)

マズメ時はそれほどでもなく、明るくなってから本格的にアタッてきたように思う。だいぶ涼しくなってきたとはいえ日中はまだまだ暑いので、防暑と水分の準備をして、粘ってみるといいのかもしれない。もういっぺんくらい調査に行きたいなあ。

m_a2r.gif ショアジギングBible2017
関連記事