つりつり。 ホーム » 

愛南町で冬エギング!

佐田岬半島の青物もなんだかひと段落ついてしまった気配濃厚なので、ちょっと目先を変えて愛南町まで行ってみることにした。朝からいろいろとうろついてみたのだが……満足のいく釣果は挙げられず。なんかいい獲物は居ないものかと現地で考えた結果、もう朝マズメはとっくに過ぎているのだが、冬のエギングを試みることにした。

いかに愛南町とはいえ、もう完全に明るくなった時間帯に漁港では釣れる気がしない。ということで、人があまり来ないような地磯に降りてみた。何度か竿を出したことのある地磯なので、どれくらい沈めたら根掛かりするのかもだいたい把握できている。ボトムを着かず離れずといった塩梅でしゃくっていると、ついっとラインを引っ張っていくアタリが出た! 少しだけラインを送り出してから合わせるとばっちり乗せることができた。

20170129_01.jpg

釣れたのは胴寸20cmあるかないかの食べごろサイズモイカ。とりあえずお土産を確保できたので、気をよくしてキャストを続ける。

と、今度はずっしりしたアタリが! モイカならキロアップ間違いなしの重量感だったが、ジェット噴射が無い。ぐいぐいと抵抗する生命反応はあるのだが……浮かせてみると、ラグビーボールみたいな物体がぐりんぐりん回転しながら浮上してきた。正体は良型のモンゴウイカ! モイカに続き、おいしい外道も捕獲することができた。

そんなに水深のあるポイントではないのだが、やはりボトム付近をネチネチと攻めるのが良いようで、この後もモイカとモンゴウイカを1杯ずつ釣ることができた。

20170129_02.jpg

本日の釣果は大小さまざまのモイカとモンゴウイカが2杯ずつの、合計4杯だった。すべて3.5号のエギでヒットした。

本格的にエギングするならやはり夜からマズメ時の方がいいのだろうけど、日中でも十分釣りが成立したのは良かった。愛南町までナイトエギング遠征するのはちょっとキツイ気もするが、一発大物狙いで試してみる価値はあるかもしれない。なんだかんだ言ってもエギングは楽しいなあ。春になって本格的にシーズンインしたら、また試してみないといけないな……。

m_a2r.gif マンガで入門 エギンガーへの道
関連記事

正月休み最終日にようやく青物捕獲成功!

長かった正月休みも今日で最終日。釣り三昧の日々を過ごすことができて実に楽しい毎日だったのだが、心残りは、本命の青物がまったく釣れなかったこと。一緒に行ってる友人たちはしっかり釣っているから、なおさらその思いが募る。最終日は釣りをお休みしてのんびりしようかとも考えたが、新年あけましておめでとうの青物は今しか狙えない! というわけで本日も出撃することにした。

やってきたのは佐田岬半島根本付近の瀬戸内海側の地磯。それなりに人気ポイントではあるのだが、なんと今日は俺しか居ない! きっと佐田岬半島の猛者達はみんなばっちり青物を釣っており、満足してお正月を過ごしているので、釣り場には居ないのだろう。俺みたいなスライムにはうれしい貸し切り状態なので、一番有望そうなポイントに陣取って竿を出す。

ようやく明るくなり始めた午前6時半頃にキャスト開始。先発ルアーはここ最近友人たちの間で高実績を挙げているティンバーファットだ。なんせ俺はショアジギングを始めてから現在に至るまで、年明け以降にハマチ以上のサイズを釣ったことがない。去年初めてヤズが釣れたくらいだ。今年こそ、今年こそはこの悪しきジンクスを打ち破りたい。ティンバーファットは、そんな俺の熱い思いだか怨念だかを纏って薄闇の中を飛んでいく。

さてポッパーのアクションだが、今シーズンはこれがなかなか難しい。友人たちもいろいろなアクションで釣っており、『このアクションが良い!』というパターンが見つからないのだ。ではどうするかというと……ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)である。

小さく細かいアクション、大きく強いアクション、ゆっくりした地味なアクション、早く派手なアクション……大小緩急さまざまなアクションを同じポイントに通してみて、何に反応するのか実際に試してみる。時間はかかるが、スライムにはこれが精一杯の攻略法なのだ。

で、まあ予想通りというか、何もないまま時間だけが過ぎていく。総当たり作戦も奏功せず、疲れてきたので休憩代わりのちんたら惰性アクションを織り交ぜるようになった。特に潮目が出来るわけでもなく、風も無く、荒れているわけでもない海。これは今日もダメかなあ、なんて考えながらちんたらやってた午前7時20分頃、ルアー回収地点くらいまで引いてきたあたりでいきなりガボガボッと沸き立つ水面! 突然の生命反応で一瞬頭の中が真っ白になったが、腕に伝わる重みで我に返る。ガシッと合わせてファイト開始!!

20170104_01.jpg

足元までするする~と寄せることができ、楽勝抜き上げサイズかと思いきや、波間から引きずり出した魚体は意外な大きさ。どうにかこうにかズリ上げたのは全長95cmのブリ! ちょっと痩せてて馬力は無かったが、新年第1号の青物だ! 年が明けると釣れないジンクス、打破!!

しかし、この後は血抜きに手間取ったりラインシステムを組みなおしたりで、だいぶ時間を浪費してしまった。午前9時頃まで粘ってみたが、2匹目は出ず、疲れてきたので納竿とした。

20170104_02.jpg

本日の釣果は全長95cmほどの鰤が1匹だった。年明け以降に初めて釣った良型青物は、俺にはとてもとても貴重な釣果だ。今年の正月休みはなかなか青物の釣果に恵まれなかったけど、粘って出撃してよかった(^_^)

余談になるが、血抜きの最中足を滑らせて転倒し、背中から岩に叩きつけられた。しかしライフジャケットを着こんでいたのでノーダメージだった。ライフジャケットは落水時の浮力確保だけでなく転倒時のプロテクター代わりにもなるというのはよく聞く話だが、それを実感できた(ちなみに俺が愛用しているのはRBBのロックショアベスト)。ショアジギングはやはり危険が伴う釣りだ。安全には特に気を使う必要があるということを改めて思い知った。今年も安全第一で釣りを楽しみたいものだ。

m_a2r.gif ショアジギングマガジン
関連記事

2017年初釣りはアジング!

年末年始の休暇を120%楽しんでいるのだが(おもに釣りで)、釣果がそれに着いてこない。単発出撃の友人たちは、その少ないチャンスで見事青物を釣り上げているのだが、ほぼ連日出撃している俺は箸にも棒にもかからない状態だ。なんかもう釣れそうにない気配濃厚なので、ちょっとでも魚の引きを楽しもうと、ショアジギの場所取り前にアジングを試みることにした。

やってきたのは佐田岬半島瀬戸内海側の根本付近の漁港。常夜灯付近に誰もいなかったので、そこに釣座を構える。

一投目。着水してふわっと緩んだラインが、何もしてないのにピンッと一直線になる。ただちに合わせるとグググッと気持ちの良い感触! ヒットしたのは全長25cmほどのアジだった。着水と同時に食いついてくるような、活性の高いアジが居るようだ。

20170103_01.jpg

表層付近で数匹ゲットし、とりあえずお土産は確保できたので、いろいろとアプローチを変えてみる:

1.表層から底層まで隈なく探ってみたが、最初表層に居たアジはだんだん釣れなくなり、ボトム付近でよく釣れるようになった。

2.遠投して、常夜灯の光が届くか届かないかくらいのところでヒットすることが多かった。足元付近や明るい箇所でもヒットはするが、小メバルやカマスだったりゼンゴアジだったり。すべてリリース対象だった。

3.グローやマットカラーよりもクリア系の色が明らかに良かった。クリア系以外の色では一切ヒットしなかった(外道すら)。最もヒットしたのはペケリングのプリズムライムだった。

という感じで、狙う棚と距離、使うソフトルアーは把握したのだが、遠投するための小道具(キャロとかスプリットショットとか)を持ってきていないのが失敗だった。2gのジグヘッド単体で届く距離でも十分釣りになるのだが、その先に投げれば尺クラスのアジも釣れたかもしれない。

20170103_02.jpg

結局、本日の釣果は全長20~26cmほどのアジが13匹だった。最後、根性で釣った尺あるかないかくらいの良型を足元でポロリしてしまったのをきっかけに納竿とした。いや~、アジは反応良くて楽しいなあ。これはまだまだ40cmクラスも狙えるかもしれんなあ。

……え? 翌朝のショアジギっすか? もちろん青物を釣りましたよ、友人が。全長85cmくらいありました。俺ですか? 俺は釣りというか、横で素振りしてただけなんで……。

m_a2r.gif アジング最強攻略(7)
関連記事