FC2ブログ
つりつり。 ホーム » 

まだまだメバリング調査中……!

今週末は満月周りだが夜~朝マズメは雲が出ているようだ。ライトゲームに月は厳禁だと考えているのだが、雲が出て月を隠しているのなら期待できるかもしれない。というわけで今週末もアジング・メバリングに出かけることにした。……のだが、調査してみたかった佐田岬半島宇和海側のアジングポイントは強風で釣りにならないっぽい。夜の部は諦めて朝マズメのメバリング調査だけを行うことにする。

佐田岬半島のメバリングポイントに午前4時半くらいに到着し、地磯に降りると午前5時前。もうヘッドランプが要らないくらいの明るさだ。明るくなる時間帯を見誤ってしまったようだ。しかも海は、風はさほどでないものの結構なウネリがあり、美味しそうなサラシが出ている始末。あまり荒れているときにメバリングでいい思いをしたことはないのだが、今から場所替えするのもしんどいのでもうここで竿を出すことにする。

まずは2gのジグヘッド単体にクリアラメのソフトルアーという鉄板の組み合わせで様子を見る。このポイントは干潮周りに強い所なのだが、今はすでに満潮MAXに向かってどんどん上げ潮になっている状態だ。あまり良い状況ではないが、それでもなんとか1匹捕獲!

20190519_01.jpg

釣れたのは全長25mcほどのメバル。しかし、これ以降は反応が無い。あまりもすっかり明るくなっていることだし、少し早いけどマイクロジグを投入してみることにした。

ここはわりと水深のあるポイントなので、手持ちジグの中で最も重い7gのジグをキャスト。まずは表層付近をリフト&フォールさせ、反応が無ければ探るレンジを下げていく。……反応はあるのだが、ヒットするのは手のひらサイズの小型メバルやら20cm未満のアジやらイソベラやら。ただ、ソフトルアーよりは好反応なので、立ち位置やキャスト方向を細かく変えつつ地磯内を虱潰しに探ってみる。すると地磯の一角でひさびさに重たいアタリが!

20190519_02.jpg

マイクロジグにヒットしたのはやはり全長25cmほどのメバル。フォール中に食らいついてきた。

この後もしつこく探り続けるのだが、アジとイソベラばかりがヒットするようになってきた。時間も午前7時を回っているし、あと1匹だけなんとか釣りたい。そこで、今までさほど探ってなかった足元をアイスジグで撃ってみることにした。竿先をちょんちょんとリズミカルに軽くしゃくって上下させるとアイスジグは8の字を書くように動き回る。表層から中層をそんなふうに探っていると、水深2mほどのところでギラリを閃く褐色の魚体がアイスジグに食らいついてきた!

20190519_03.jpg

釣れたのは全長20cmほどのメバル。ひさしぶりにアイスジグで釣ったメバルだ。やっぱいろんな攻め方を用意しておくといいなあ。

20190519_04.jpg

ちょうど3匹目を釣ったので、ここで納竿した。本日の釣果は全長20~25cmほどのメバルが3匹だった。

満月周りで荒れ気味の海でまあ釣果を挙げられたのだから良しとしよう。新月周りで凪だったらもっと釣れるのだろうか? メバルは梅雨くらいまでは釣れ続くはずだが……。また今度行ってみよう。メバルの煮付けはおいしいし♪

m_a2r.gif メバル最強攻略―春夏シーズン爆釣術
関連記事

朝はメバリング、夜はアジング!

飛び石のGWながら、それを全身全霊で満喫中のわたくしである。メバルもアジも夜間やマズメ時がメインの竿出し時間帯なので、日中に何か用事があるときでも柔軟な釣行ができるというのが良い。今日も今日とて、メバルとアジの新規開拓調査へ出かけるのであった。

まずは朝のメバリングだ。佐田岬半島の調査してみたかったポイントに、ちょうどマズメ時に到着した。2gのジグヘッド単体であちこちにキャストしていると、少し流れのある所でゴツッと強いアタリ! 釣れたのは全長25cmほどのナイスサイズのメバルだった。

20190505_01.jpg

流れのあるポイントに集まっているのかとそこを重点的に攻めてみたのだが、釣れたのはこの1匹だけだ。ポイント内を動き回って、シャロー気味の所で投げてみる。少し沈めると藻に掛かるので、中層から表層を探った方が良さそうだ。ジグヘッド単体では反応が無いので、5gのマイクロジグで遠投して中~表層付近を広く探ってみる。……と、すぐさまヒット!

これも全長25cmほどの良型だ。このままジグを投げ続けてみたのだが、どうもジグヘッド+ソフトルアーよりも反応が良い。ベイトは小魚なんだろうか。ただ問題は、ジグのフォール中に食ってくるので油断するとすぐに藻の中に入られてしまうことだ。それで3回も良型らしいやつを逃がしてしまった。

20190505_02.jpg

というわけで朝の部は良型メバル2匹を捕獲して調査終了。数は物足りんがサイズがいいのでOKだ。暗いうちから竿を出していればもう少し数が出たかもしれない。
ちなみに地磯でメバリングする際は少しでもかさばる荷物を減らしたいので、釣ったメバルの確保にはフローティングスカリが大活躍だ。

20190505_03.jpg

写真のDRESSのスカリはコンパクトで頑丈で、地磯で使うのに最適なので重宝している。釣った魚も畳んだスカリもその他タックルもターポリン製の防水バックパックにそのまま入るので、昇り降りがしんどい地磯だと荷物が減ってすごく楽になる。おすすめだ。

夜はアジングだ。先日いい感じで釣れたのでまずはそのポイントで何匹か確保しておきたい。午後7時の薄暗い時間帯から釣り始めると、やはり今日も釣れる。今日は足元付近で、竿先をひったくるような強烈なアタリばかりだった。よほど食い気が立っていたのだろうか。しかししかし、日が完全に落ちて暗くなると、アタリがピタッと止まってしまった。手を変え品を変え立ち位置を変え……とやってみたのだが、見事なまでの無反応。今日はマズメ時だけが時合で、日が落ちると群れがどっかに行ってしまったのだろうか? アジングはそうそう甘いもんではないんだなあ。確保できたのは全長25cmほどのアジが3匹だった。続いて行ってみたかった新規ポイントに移動する。

ここは秋冬シーズンに好調だというポイントだ。常夜灯付近、テトラポット周り、などなど美味しそうなポイントがあるのだが……はい、ここでも無反応。ゼンゴアジすら釣れない。もしかしてここもマズメ時だけが時合だったのか? アジングは難しいね……。

20190505_04.jpg

夜のアジング調査の結果は、全長25cmくらいをなんとか3匹だった。メバリングもアジングも、まだまだ奥が深い。そもそも釣れるポイントやらシーズナルパターンやらもまだまだわからないことだらけだ。だからこそ開拓しがいもあるのだが。次の新月周りもまた調査かな!?

m_a2r.gif アジング王バトル2ndシーズンコンプリートブック
関連記事

令和初釣行は佐田岬半島でアジング!

元号も令和に変わり、GWも後半に入った。いろいろと狙ってみたい魚はあるのだが……新月周りだし、最近ご無沙汰だったので佐田岬半島へアジングに行ってみることにした。今の時期にアジングするなら宇和海方面がいいそうだが、佐田岬半島でも釣れてはいるらしい。それを確かめるのと、アジとメバルの両方が狙えそうなポイントに心当たりがあるので、そこを調べてみたい。

午後7時過ぎに佐田岬半島の某漁港に到着。風も波も月も無い、ライトゲーム向きの夜だ。まずは2gのジグヘッド単体で遠投して表層を探ってみる。……数投目でモゾモゾッとした感触がロッド越しに伝わってきたので軽く合わせるとキュンキュン締めこむ良い手ごたえ! ヒットしたのは全長25cmほどのアジだった。これくらいなら十分お刺身にできる。佐田岬半島でアジ釣れてるんだー、なんて小さく感動しながらキャストを続けると再びヒット! 今度はなかなかトルクのある引きだ。抜き上げてみると全長22mのメバル! やはりここはアジとメバルの両方が潜むポイントであったか……。

と、好調だったのはここまで。アジとメバルを1匹ずつ釣った後はパタッと反応が無くなってしまった。表層では反応無さそうなので、10秒ほど沈めたレンジをまんべんなく探ってみるとアタリが復活!

ぽつぽつながら、全長25~27cmのアジが釣れる。アタリが遠のくと20秒沈めて、さらに渋いと30秒沈めて、というふうに各レンジを探っていくとなんとか数を拾えるようだ。ちなみにソフトルアーのカラーはクリア系でもソリッド系(夜光タイプ)でも何でもいいようだ。

20190503.jpg

そうこうしているうちにだいぶ潮が引いてきて、足元の沈みテトラも露出するようになってきた。ボトム狙いもしづらくなってきたので、午後9時くらいに調査終了とした。本日の釣果は、全長22cmのメバルが1匹と、同25~27cmのアジが5匹だった。

佐田岬半島は、アジもメバルもまあまあ釣れるようだ。『このポイントは干潮周りになるとちょっと釣りにくいうえにアタリもガクッと少なくなる。満潮周りだともう少し釣果が伸ばせるかも……』などという調査もできた。佐田岬半島の春~初夏のアジングはあまり試していないので、今シーズンはあちこち調べてみるのもいいかもしれないな。新月周りの楽しみが増えてしまったなあ♪

m_a2r.gif ダイワ クーラーボックス クールライン S-X
関連記事