つりつり。 ホーム » 

見えモイカに翻弄されたでござる、の巻

4月後半に入り、そろそろグルーパーが気になり始める季節になってきたので、早速調査に出かけてみた。グルーパーゲームの本場といえば南予方面だろうから、ポイント調査も兼ねて愛南町へとやってきた。グルーパーは暗い時間帯よりも明るい時間帯の方がよく釣れるとのことなので、午前10時頃釣り開始! 小潮だが満潮MAXからの下げ始めの時間帯なので、ちょうど魚の活性も上がっている……はず……。

グルーパーといっても、岸から釣れるハタ類にはいろんな種類がいる。俺のメインターゲットはオオモンハタである。オオモンハタはフォール系の動きよりもスイミングの方が効果的らしいので、ボトムを取ったらスローリトリーブで棒引き時折ストップ&ゴーを試してみる。

……お昼過ぎまで各所をランガンしてみたが、釣れるのは手のひらサイズのこんまいちゃんのみ。わりとシャロー気味のポイントばかり攻めていたのだが、ディープエリアを探った方が良かったのだろうか。まあ反応があっただけマシか。それでも物足りないので、調査ついでに由良半島にも行ってみることにした。

由良半島の、かねてより目を付けていたポイントに到着すると、なんと目の前に複数のデカいモイカがふよふよ漂っている! キロアップは間違いなさそうだ。他にも小型やら中型やら、群れを成しているかのようだ。ここもシャローのポイントなのだが、真昼間にこんなところに潜んでいるとは……。というわけで急遽エギングに変更! 手持ちのエギを次々投入して見えモイカたちの興味を引いてみる。

……30分ほど試行錯誤してみたが箸にも棒にも掛からない。エギを見たら、サイズ・カラー・動きにかかわらず逃げ出してしまうのだ。警戒心が強いのか、今はおなかがすいてないのか、俺の腕が悪いのか。なんとなく3番目のような気がする。デカい見えモイカの群れというゴージャスな光景を目前にして、なんともやるせない気分だ。しょうがないので、その見えモイカたちを無視して違う方向にキャストしてみると、なんと一発でヒット!

20180422_01.jpg

釣れたのは胴寸20cmほどの中型サイズモイカ! 一応やる気のある個体も居るようだ。しかし、相変わらずデカい見えモイカたちには無視されっぱなし……。

グルーパーも狙ってみたのだが、根掛かりするだけで何も無し。こらあかん。まだエギングの方が望みありなので、なんとかもう1匹追加するべく由良半島を移動してみることにした。そして数か所目で再びヒット!

20180422_02.jpg

秋サイズをなんとか追加できたので、ここで納竿とした。本日の釣果は中型と小型のモイカが2匹だった。

20180422_03.jpg

先日の三浦半島もそうだったけど、由良半島もなかなかモイカが熱いようだ。そういえば愛南町にも新鮮な墨跡が残っていた。南予方面はエギングで釣り歩いてみる価値がありそうだ。昼間でもイケるだろうけど、やっぱ夜かなあ。グルーパーは……今度はディープエリアを調査してみよう。それでもダメなら地磯だな。

今日の見えモイカたちには悔しい思いをさせられたので、ちょっとエギング魂に火がついてしまった。今年の春から夏はエギング強化期間として、がんばってシャクってみようかな!

m_a2r.gif ハタゲーム最強攻略 2 グルーパー攻略最新バイブル
関連記事

メバリング調査してみるも……

週末は新月周りなので、ひさしぶりにメバリング調査を行ってみることにした。まず向かったのは三瓶町。満潮MAXからの下げ潮を狙って過去の実績のあるポイントをめぐってみたのだが……リリースサイズのメバルが釣れたのみ。1か所何やら大小のボイル湧きまくりのポイントがあったが、その正体はゼンゴアジ(小ボイル)だったりした。ただそれを追うシーバス(大ボイル)も居たりして、ライトゲームでなければなかなか面白そうなところではあった。

続いてやってきたのは長浜町。海岸線に分布する地磯のひとつに降りてみる。マットカラーのスクリューテールグラブをスイミングさせるのではまったく反応が無かったので、ラメ入りクリアカラーのソフトルアーでいろんなタナをスローリトリーブさせてみるとググっとヒット! 釣れたのは全長20cmほどのキープサイズメバルだった。しかし、アタリはそこそこあるがなかなかヒットには至らない。なんだかメバルっぽくないアタリだし、ちょっと注意して合わせてみると、コツコツ当たってくるやつの正体は全長20cmほどのアジだった。

どうも長浜町ではメバルとアジが混在しているっぽい。アジは、一度だけかなり重量感のある良型がヒットしたが、取り込む寸前にポロリしてしまった。メバルに関しては最初の一匹が20cmくらいで、他はそれ以下ばかりだった(小型は2匹だけキープ)。飽きない程度には当たってきて楽しかったのだが、サイズがちょっと不満だなあ。

20180414.jpg

というわけで本日の釣果は、全長20cmちょいからそれ以下のアジ・メバルが合計6匹だった。手のひらサイズとかはすべてリリースした。メバルよりもアジの方がよく当たってきたような気がする。アジの備えはしてなかったので、次はアジングタックルも用意しておいて、今はやりの二刀流でランガンしてみようかな。それにしても、近年は三瓶町方面との相性が悪いなあ。釣ってる人は釣ってるんだろうけど。他の海域でのメバリングも開拓してみようかなあ。

m_a2r.gif メバル超入門 Vol.11 特集:ぼ~ッと巻いてちゃ、釣れないぞ!
関連記事

三浦半島で春エギングを試みた!

愛媛県下はすっかり暖かくなって、桜なんかモリモリ咲いている。水温上昇で青物も気になるけど、春らしい釣りをしておくべきだと考えて、ひさびさにエギングをやってみることにした。場所は宇和島の三浦半島! 朝マズメから日中にかけての実績があるポイントを釣り歩いてみる算段だ。

わりとのんびり出発して、到着したのは午前6時くらい。第一ポイントでは特に無反応だったので第二ポイントに移動してみると、そこには新鮮な墨跡が! 誰かが昨晩のうちにここで釣っていたようだ。やはり期待できるかもと一瞬喜んだが、よく考えれば昨晩ここで誰かが釣っていたのなら散々に叩かれているはず……。ちょっと不安になってきたが、俺の中では明るくなってからの鉄板ポイントのひとつであるので、まずはここで粘ってみることにする。

ちなみに俺のエギングタックルは、
 ロッド:セフィアCI4+ S803M
 リール:セフィアSS C3000HGS
 ライン:Rapala RAPINOVA-X エギング PE1号
である。これにフロロカーボン2.5号1ヒロを電車結びで結束する。

リールは新しく買ったばかりでPEラインも巻きなおしたばかりの、実に春らしいフレッシュな組み合わせだ。ここは一発いい感じのモイカを釣って、この新戦力たちに鱗付けをしてやりたいものだ。鱗無いけど。

あちこちに3.5号のエギを投げまくり、何か反応がないか探っていく。フルキャストし、割と手前付近まで寄せてきて、ボトムから少し浮かせた中層付近をしゃくっているとズシッとヒット!

20180401.jpg

心地よい重みと抵抗を楽しんで取り込んだのは胴寸20cmちょいの食べておいしいサイズのモイカ! 春の一発大物ではなかったが、ニュータックルでの記念すべき最初の獲物を手にすることができた。

一匹釣ったので、どんどん移動して調査モードに入る。……やはり、昨晩付けられたような新鮮な墨跡が多い。わりと良型の見えモイカもよく見かけたが、エギを見ると警戒して逃げていく始末だ。途中で脱線して新規地磯への降り口を探し回ったりもして、春の三浦半島を十分すぎるほど満喫したのだが、2匹目を釣ることは出来ずに、お昼過ぎに納竿した。

2018年春の三浦半島。日中でも釣れないことはないけど、やはり夜の方が良さそうだ。仕事で疲れているからといって横着せず、頑張って夜に釣り歩いてみればよかった。というか、また近いうちに来てみたいなあ(夜に!)

m_a2r.gif エギング最強攻略 10〈DVD〉春イカ最新最強バイブル
関連記事