FC2ブログ
つりつり。 ホーム » 

再びアジ・メバル調査へ!

今週も新月周り! なので俺にとってはまだまだ未知の分野であるアジング・メバリングの調査に出かけてみることにした。

まずは前回好調だった八幡浜方面。釣り開始が干潮直後だったので、水深のあるポイントをいくつか釣り歩いてみたのだが……釣れないことは無いが反応とサイズはイマイチ。前回釣れたポイントにも行ってみたが、やはり良型は出てこない。もっと南下してみようかとも思ったが、明日の朝はメバリング調査が待っているので、佐田岬半島のアジングポイントを確認してみることにした。

瀬戸内海側の某所でキャストしてみると、まあ反応はいいのだが、やはりサイズがイマイチ。小型に混じってキープサイズがぽろぽろ釣れるので、それを拾うような感じだった。

20190209_01.jpg

結局アジングでは良型には出会えず、全長20cm前後のアジを7匹確保して切り上げることにした。次は八幡浜よりももっと南の方を調査してみるとしよう……。

翌朝はメバリング調査だ。前回は数が出なかったので、今朝は瀬戸内海側の数の出そうなポイントに降りてみる。北西の風だが、さほど荒れることはないはず……と思いきや、予想していたより風が強く波が高い。このポイントでの立ち位置を時折波が洗っている。干潮周りでこれなので、潮が満ちてくるとさらにひどい状況になるだろう。せっかく降りてきたのだが、危険なのでここは諦めて宇和海側のポイントに移動することにした。

宇和海側は風裏なので、ほぼベタ凪の状態だ。時刻はもう7時半を回ってしまったが、今日は曇天だし、地磯のメバリングでは明るくなってからもしばらく釣れ続くということはわかっているので、早速メバリングを開始する。

ここは下見に降りたことはあるが、メバリングを試すのは初めてだ。地磯内をあちこち移動しながら2gのジグヘッド単体でキャストを続けていると、ココココッという竿先が震えるようなメバル特有の前アタリを検知した。ここで焦って合わせてしまうとフッキングはしないので、ロッドの柔らかさを活かしてしばらく待つ。するとゴンッと本アタリが出るので、ここで合わせる。

20190209_02.jpg

ヒットしたのは全長27cmの良型メバル! 佐田岬半島宇和海側でも、もうこれくらいのがヒットしてくるようだ。

いきなり良型が釣れたので気を良くして地磯内を探り続ける。あれくらいのサイズがポンポン出てくると楽しいのだが、そんな都合のいい状況にはならず、探っても無反応ということが多い。それでも3連続でヒットしたり、忘れたころにまあまあサイズがヒットしたり、前アタリに思わず電撃フッキングを試みて逃げられてしまったりなど、楽しい地磯メバリングを満喫できた。

20190209_03.jpg

メバリングの釣果は全長20~27cmが5匹だった。完全に明るくなってからスタートして探り探り釣ってこれなら、まあ十分だ。佐田岬半島にはまだまだメバリングポイントがたくさんあるので、月の無い夜や朝マズメに出撃するといい思いができそうだ。アジとは違う重量感溢れる引きは一度味わうと癖になる。この手ごたえを堪能するために、また今度行ってみようかな。

m_a2r.gif 尺ヘッドDXマイクロバーブ Rタイプ 2g #6 漁師パック 20ケ入り
関連記事

真冬のライトゲームの反応は……?

1月も終わり、ショアジギングでの青物狙いはひと段落ついてしまった。今年もたいした釣果は挙げられなかったが、なんだか例年よりも厳しい状況だったような気がする。しかしそんな中でも、エギングやアジングはわりと好調らしい。2月に入ってメバルもだいぶ成長しているようだ。というわけで、青物のことはいったん置いといて、ライトゲームに精を出してみることにした。

今週は月が小さいので、まずはアジング・メバリングの調査だ。アジングは宇和海方面が良いらしいが、翌朝は佐田岬半島のメバリング調査もしてみたいので、移動距離が短くてすむ八幡浜方面で竿を出してみる。前もって目を付けておいたポイントに入れたので、ジグヘッド単体で調査開始!

ここは常夜灯が離れた位置にある暗闇ポイントで、良型が潜んでいそうだと期待していたのだが、全長20cmくらいの中型がポロポロと釣れるのみ。微妙なサイズだったが、脳裏にアジフライがちらついてしまったため、キープすることに。数匹確保して、場所移動してみた。

次のポイントは常夜灯のある明るいポイントだ。その常夜灯の真下ではときおりパチャッとアジがボイルしており、なかなか活性が高そう。まあそのボイルしているアジのサイズはたいしたことなかったので、常夜灯の明暗の境くらいを中心に探ってみることにした。すると、微妙サイズに交じって27cmの良型アジがヒット! ……しかし、良型はその1匹だけだった。

20190203_01.jpg

狙うレンジを変えてみたりマイクロジグなんかも試してみたが、ジグヘッド単体で表層を狙うのが最も反応良かった。ソフトルアーは何でも良いようで、色付き、クリア、ラメ入りのどれでもヒットした。明らかに20cmを超えたのは3匹だけで、他のは20cmほどのギリギリキープサイズだったが、ガンガン当たってくるので面白かった。八幡浜けっこう釣れるなあ。今後も宇和海をアジング調査し続ける必要がありそうだ。

そして翌朝は佐田岬半島にてメバリング調査。2月になったばかりだがそこそこのメバルが釣れているらしい。朝マズメが満潮なので、満潮時に良さそうな地磯に降りてみた。この地磯でメバリングするのは初めてなので、立ち位置を変えつつ探り歩いてみる。と、ディープエリアでククククッと小さなアタリが。合わせずにそのままロッドの柔らかさでためていると、ゴインッと本アタリ! 釣れたのは全長25cmほどの良型メバルだった。

しかし、まだ薄暗いうちにヒットしたこの1匹以外はまるで反応がない。なんとか18cmほどのギリギリキープサイズを追加できたが……。この地磯にはよく流れの淀みが出来て、そこがすごく良さそうな狙い目っぽい感じだったのだが、そこにちょうどボラの大群が口をパクパクさせながら漂っていて、邪魔で邪魔でしょうがない。足元を狙えばイソベラがすさまじい勢いでソフトルアーを食いちぎっていくし。

20190203_02.jpg

というわけでメバリング調査はほどほどで切り上げることにした。このポイントはちょっとアレだったけど、普通にキープサイズがヒットしてくるのはわかったので、もうメバリングは開幕と見てよさそうだ。朝マズメの地磯でなく、夜の漁港周りなんかも面白そうだ。まあ俺は地磯が好きだから地磯メインでやってみるかな。今後しばらく新月周りのときは、夜は宇和海アジング・朝は佐田岬半島メバリングというライトゲーム堪能釣行が良さそうな感じだ。どちらも食べておいしい獲物だし、厳冬期の釣りを効率よく楽しむためにも、もっと調査を続ける必要があるな♪

m_a2r.gif 八幡浜 オリジナル Tシャツ
関連記事

今年の初釣果はアジングで

年末年始は青物を狙ってあちこち出撃してみたがちっともさっぱりで、新年早々にはショアジギング用のメインロッドが折れてしまうという散々な目にもあってしまった。新しいメインロッドを買うまでサブのロッドで頑張るしかないが、そもそも青物の所在を完全に見失ってしまっている。博打のように地磯に降りるのもいいが……まずは年明け最初の獲物を確実に釣りたいし、なんでもいいから釣った魚を食いたい。というわけで、佐田岬半島の、今の時期に調子のよいアジングポイントに行ってみることにした。

今晩は23時過ぎがくらいが満潮MAXだ。ここは満潮周りが良いポイントなので、潮は小さいが期待できそう。例年、25cm前後のアジの反応が良いところなのだが……まずは1.5gのジグヘッド単体で表層を調べてみる。と、しょっぱなからヒット! 釣れたのは全長20cmちょいの中小型アジ。一応食卓に乗せられるサイズだったのでキープする。そして、2投目3投目……と続けて似たようなサイズがヒットする。たまにフックアウトすることもあるが、ほぼ入れ食い状態だ。

20190111_01.jpg

とはいえ、例年ここで釣れるサイズよりは小さい。全長20~24cmくらいの群れが回遊してきているようだった。サイズはちょっと物足りないが、頑張れば刺身にもできるサイズだし、これくらいのサイズはソテーや南蛮漬けにすると素敵においしいので、あからさまに小さいやつや痩せたやつ以外はどんどんキープしていく。

表層で上記のようなサイズばかりなので、ボトムを狙ってみたらどうかと試してみたが、ボトムにも同じようなサイズが湧いていた。ソフトルアーをいろいろ変えて反応を見てみると、ラメ入りのものが好反応で、クリアは極端に反応が悪かった。特に俺のお気に入りのアジアダー@必殺イワシは効果抜群で、投げればなにがしかの反応が必ず得られた。

20190111_02.jpg

入れ食いをしばし楽しんでいたが、潮止まりに近くなるとアタリがピタッと止まった。もう数は十分釣ったので、ここで納竿することに。本日の釣果は全長20~24cmくらいのアジが23匹だった。

青物に完全無視を食らっている状態だったので、こんな好反応の釣りが楽しくて仕方なかった。やっぱ釣りは魚の手ごたえを感じてナンボだ。あまりにも楽しかったので、良く釣れるときにやっておくべき試行錯誤をすっかり忘れていた。今日だったらマイクロジグやプラグの反応を調べる絶好の機会だったのに。

聞くところによるとアジングは宇和海方面がなかなか好調らしいが、佐田岬半島でも場所によってはまだまだ釣れそうな感じだ。俺のアジングの経験値はうんと低いので、新月周りの夜は頑張ってアジング修行に出なければならないな。あ、もう少しするとメバルも開幕か……?

m_a2r.gif 家邊克己爆釣アジング攻略―家邊克己アジング論の集大成!
関連記事