つりつり。 ホーム » 

青物を求めて再び愛南町へ!

先週のヤズ祭りは実に楽しかった。愛南町海域にキビナゴが回遊しているのは間違いなさそうなので、今度はちゃんとショアジギタックルで愛南町の青物を調査してみることにした。

先週降りた地磯に今度は朝マズメから降りてみるつもりだったが、寝坊して、現着したのはすっかり明るくなった午前6時頃。それでも降り口付近には蜘蛛の巣が張っており、先行者は居ない様子だったので、安心して降りてみる。

海の状況は、向かい風がやや強いが波っ気はそれほどでもないという微妙な感じだ。キビナゴも見えず。その代わりといっては何だが、でかいウミガメが2匹泳いでいる。なんだか頭が痛くなってきたが、ベイトが回ってくることを期待して、ここで勝負してみることにする。

ベイトっ気の無い海に向かって、まずはジグを投げてみる。……反応無し。次に、一応持ってきたダイペンを投げてみる。……やはり反応無し。そして、相変わらずウミガメは俺の目の前をウロウロしている。どっかよそに行けばいいのに……よほどここが気に入っているのか。ただでさえベイトっ気のないところにウミガメまでいたら、青物は決して近寄ってはこないだろうなあ。

そんなこんなで時間だけが過ぎていき、午前10時を回った。潮は干潮MAXを経て満ちへと転じている。ウミガメはまだ居るものの、行動範囲が広くなったのか姿を見せる頻度が少なくなってきた。そして海には新しくダツの飛ぶ姿が見えるようになり、キビナゴっぽいモジリも散見されるようになった。上げ潮になるとちょっと状況が変わってきたようだ。……と、足元近くまで泳がせてきたジグに正体不明の銀鱗がアタックしてきた! これはヒットには至らなかったが、なんだか良さそうな雰囲気になってきた。

キビナゴを追った青物が付近に居ると仮定して、キビナゴのサイズにマッチしたジグを選んで投げてみる。狙うのは表層だ。あちこち投げてみて、足元付近まで寄せてきたあたりでついにガツンとヒット!

20180609.jpg

足元で掛けたので、根に潜ろうと元気に暴れまわってくれたが、しょせんはヤズサイズなので、難なくいなして抜き上げ完了。釣れたのは全長55cmほどのヤズだった。前回釣ったのと同じくらいの大きさだ。これくらいのサイズが回遊しているのだろうか? まあなんにせよ、ジグで狙って釣ったというのがとても満足だ。トップウォーターとはまた違う楽しさだ♪

ところが、反応があったのはこの1匹のみで、後が続かない。群れではなくはぐれものだったのだろうか。お昼ごろまで粘ってみたが、2匹目を追加することはできなかった。そして、ウミガメは結局最後までこの周辺に居座り続けた……。

本日の釣果は、全長55cmほどのヤズが1匹だった。今日はキビナゴの群れは少なく、ナブラなどは1度も出なかった。ジグのアクションはいろいろ試してみたのだが、水平方向へのスライドアクションにのみ反応があり、ヒットさせることができた。このへんで青物を狙う時はジグをスライドさせることをまず試してみると良さそうだ。さて、次はどこを調査しようか。またここに来るか、他のポイントを見てみるか……?

m_a2r.gif ポール・スローンのウミガメのスープ
関連記事

愛南町でヤズ祭りに遭遇!

先日のグルーパーゲームが楽しかったので再度愛南町に出撃してみた。今回は、これまであまり攻めていなかった地磯やら堤防やらをめぐってみることに。

1か所目の地磯は特に何も無し。2か所目の堤防も、何も無し。ちなみに今回もまた見えモイカが結構いたのだが、餌木には見向きもしてくれなかった。

3か所目の地磯は、潮通しは良いのだがシャローのポイントだ。28gのジグをフリーフォールさせると10~20秒ほどで着底する。が、シモリも散在するちょっと根の荒いポイントなのでいかにも根魚が潜んでいそう。時折根掛かりしたりもするが、勇気を出してボトムを攻めてみる。

……と、ボトム付近でググっと良いアタリが! しかしこれはすぐにフックアウトしてしまった。それでもようやく魚の反応があったので、ここで粘ってみることにした。

足元近くの海面ではなにやら小さな魚の群れがぱちゃぱちゃやっている。キビナゴのようだ。ベイトは居るんだなーなんてぼんやり考えていたら、それを捕食するバシャッというボイルも発生した。キビナゴを追った青物も回遊しているようだ。おーおー、青物もおるわい、などと思っていたら、

バシャ! ……バシャ! ……バシャバシャ!
ガボッ! ドバドバッ! ズバババ! ドババババ!!

なんと足元一帯で青物のナブラが大発生! 青かった海が水柱で白くまだらに染まり、その間隙を黒い魚影が乱舞している。ヤズクラスの大きさだがものすごい数だ。ボトムを攻めていたジグを急いで回収して、ちょい投げして表層を早く棒引きしてみると一発でヒット! しかし、ラインがこすれていたのか、ちょっとドラグを締めてみたらラインが切れてしまった。

この一大チャンスに何たる失態! はやる気持ちを抑えつつラインを結びなおし、再びキャスト位置に立つと、さっきと変わらぬ大ナブラ真っ最中! 今度こそ、と表層を早く棒引きしてみるとやっぱりヒット!

……ヒットしたはいいのだが、今使っているのはグルーパー用のHRF 810MHSだ。リールもそれなりなので、本格ショアジギタックルのようにガチンコ勝負とはいかない。青物の走りに耐えて、隙をみて巻き上げ、またラインを引き出され……というなかなか手間暇のかかるファイトを余儀なくされた。そして取り込みだが、もともとグルーパー狙いで来たのでギャフなんか持ってきていない。東北地方の大型根魚のために開発されたHRF 810MHSの耐久力を信じて抜き上げるしかなかった。

20180603_01.jpg

釣れたのは全長55cmほどのヤズ。もっと小さいかと思っていたが、結構大きかった。このサイズのヤズが大量にキビナゴを追いかけているようだ。そして、このサイズの青物をも抜き上げる力をHRF 810MHSは持っているようだ。まあ過信はしない方がいいだろうけど(^^;) そして、持ってきた小型クーラーボックスがもういっぱいになってしまった。ヤズの尻尾を切り落としてみたが、どうがんばっても2匹以上入らない。2匹目はすぐに釣れたので抜き上げて確保したが、これ以上のお持ち帰りはできないことが判明し、ちょっと意気消沈……。

しばらくしてこの大ナブラは落ち着いたものの、ジグを引いていると普通に襲い掛かってくる。リフト&フォールには反応が悪いが、早い棒引きやストップ&ゴーや、ジャカジャカ巻きには反応がいいようだ。しかし、3匹目以降は掛けても足元でフックアウトを待つという全然建設的でないことになってしまうので、もう切り上げることにした。

20180603_02.jpg

本日の釣果は、全長55cmほどのヤズが2匹だった。キープしたのは2匹だが、好反応な時間が長く続いてとても楽しかった。グルーパータックルなので掛けたら抜き上げるまで時間がかかったが、ショアジギタックルだったらもっともっと手返し良く釣れたに違いない。それと、この地磯はタイドプールとか無いからクーラーボックスを持って降りたが、ストリンガーにしておけばよかった。それにしてもナブラ撃ちというのは楽しいなあ。キビナゴが接岸してきたようなので、もしかしたらこの活況はしばらく続くかもしれない。時間が許せば再度調査に来てみたいなあ!

m_a2r.gif YO-ZURI(ヨーヅリ) メタルジグ:ブランカ(28g)
関連記事

愛南町でグルーパーゲーム!

夏に向けての助走期間であるこの時期、南予方面ではオオモンハタ等の大型根魚がにぎやかになってくる。実は前々から興味があり、今年はついに専用装備まで整えたので、あとは釣るだけなのだ。すでに何度か調査に出かけては、盛大な空振りを繰り返してたりしていたのだが、果たして今日は釣れるのか?

午前5時、グルーパー狙いにはまだ少し早いが、場所取りも兼ねて愛南町の某地磯に到着。地磯に通じる道を探索するために降りたことはあるのだが、実際に竿を出すのは初めての場所だ。わりと簡単に降りられるが、グルーパー・エギング・ショアジギングに良さそうなポイントのように思えたので、期待が高まる。まずはエギングを試してみるのだが……見えモイカが時折現れるものの、反応無し。だいぶ日が昇ってきたので、いよいよ本日の本命であるグルーパーゲームを展開した。

俺のグルーパータックルは以下のとおり:

ロッド:DAIWA HRF 810MHS
リール:SHIMANO Biomaster C3000 HG
ライン:PE1号+フロロカーボン4~5号

グルーパーゲームは、人によってはエギングタックルなんかの流用でやってるみたいだが、南予方面で気の利いたサイズの青物がヒットしてしまった場合の対応を考えると、ある程度パワーのあるタックルの方がいいのではないかと考えた。

30gのジグを付けて底を取ってみる。フルキャストして、フリーフォールでカウントダウンすると、浅い所で40、深い所で60くらいで着底する。そこそこ水深はあるようだ。ここの近所で青物の回遊情報があれば、ショアジギングオンリーで攻めてみるのも良さそうだ。

着底後のアクションはワンピッチジャークのみ。10回くらいジャークするとカーブフォールで底を取り直し、再びワンピッチジャーク。この繰り返しで足元まで寄せてくる。あちこちにキャストして探っていると、ワンピッチジャークのわずかなフォールの途中で、竿先に小さなアタリが出た。とっさに合わせるとずっしり重い! 根掛かりかとも思ったがロッドをあおると浮いてきて、なおかつ能動的に沈もうとするので、魚であること間違いなし!! 追いアワセを入れて、ポンピングで浮かせにかかる。魚は走るわけでなし、頭を振るわけでなし。しかし重く、時折海底めがけて突っ込もうとしたりする。ロッドは十分対応できる力があるのだが、リールはシマノの3000番台ではちょっとしんどいかも。4000番くらいのが安心かなあ。

20180527_01.jpg

釣れたのは全長35cmちょいのオオモンハタ! 小さいのや偶然では釣れたことはあるけど、狙って釣った初めてのキープサイズだ♪ 新しい釣りに挑戦して、試行錯誤の末に手にした最初のキープサイズというのは、とてもうれしいものだ。その過程の魚との格闘も、慣れた釣りに比べると何倍もエキサイティングなものだ。この達成感と興奮が「釣りって楽しい!」と思わせる原動力なんだろうなあ。

さて1匹確保したので、試行錯誤タイムの始まりである。大型ジグヘッド+ソフトルアー、ブレードチューンしたジグなど、あの手この手を試してみたが、一番反応が良かったのは28g前後のジグのワンピッチジャークだった。というわけでジグを投げ倒してみたが、20cmくらいのチビモンハタやホゴがヒットするのみ(こういうのは全部リリース)。それでもなんとか27cmのオオモンハタを1匹追加した。

20180527_02.jpg

本日の釣果は、全長35cmちょいと27cmくらいのオオモンハタが2匹だった。地磯でのボトム狙いの釣りなので根掛かりも多く、ラインも擦れるのか高切れも多かった。おかげで手持ちの28g前後のジグを全弾撃ち尽してしまった。次の釣行までにまた補充しなければ……。

……それでも楽しいグルーパーゲーム! 夜ではなく日中の釣りなので、とても釣りやすいのがまたいい! 今シーズン中にあと何回かは出撃してみたいなあ。目指せ40cmオーバー!!

m_a2r.gif ハタゲーム最強攻略Ⅲ
関連記事